通話の転送

転送機能は、お客様への対応として最も重要な機能の一つです。問い合わせ内容に最も適した対応者に通話を転送することで、効率亭なサポートを実現しお客様の満足度も高まります。

Dilapadでは、以下4種類の転送オプションをご提供します。

  • 話してから転送 
  • そのまま転送
  • ボイスメールへの転送
  • 保留キューへ送る

以下、詳細をご参照ください。

 

転送手順

通話を個人やグループに転送することができます。 Obihai からの転送はこちら

  1. [転送]をクリック
  2. 電話番号を入れるか、名前やグループ名で検索し、検索結果から転送先を選択します
  3. 個人やグループが複数の番号を持っている場合、ドロップダウンメニュから選択します
  4. [そのまま転送]、[話してから転送] のいずれかをクリックします

それぞれの転送オプションの詳細は、以下詳細をご参照ください。

 

transfernewlogo1.gif

 

話してから転送

以下転送先を選択できます:

  • チームメンバー
  • 社外の番号
  • グループ (代表番号を含む)
  • コールセンター
  • デスクトップ
  • Android
  • iOS

転送相手と会話後、転送する場合:

  1. 通話はいったん保留になります
  2. チームメンバーもしくはグループを呼び出し、転送してもいいかを確認します

warmtransfernewlogo.gif

転送先のユーザーにつながると、ユーザーと会話して転送を完了、転送先のボイスメールへ送る、あるいはこの転送通話を切電して、元の通話相手との2者間通話に戻ることができます。

 

 

Obihai デスクフォンでの通話手順は、こちらのヘルプ記事をご参照ください。

 

[話してから転送] で相手を紹介する

話してから転送を完了する前に通話を統合することで、一旦3者間通話を実行できます。これにより、発信者を転送先へ紹介する時間をもつことができます。

 

次の手順で、発信者(保留中)と転送先(通話中)の両方と通話が繋がった状態で統合が可能です:

  1. 保留中の通話を開きます
  2. [統合]をクリックします

transfermergenewlogo.gif

三者通話が確立されますので、そこで発信者を転送先に紹介できます。

紹介後、転送先の画面を開き[転送]をクリックして転送を完了します。

[話してから転送] 後の通話コントロール

転送先と接続後、左上のパネルで各ユーザーとの通話ステータスが確認できます。このパネルから一方の通話をクリックすると、画面中央がその通話のコントロール表示に切り変わり、他方の通話に影響を与えずに通話を操作できます。

操作例:

  • 左上のパネルから転送先を選択し、画面中央で [電話を切る] を押すと、転送先との通話のみが切断します。元の通話は影響を受けず、通話は継続します。
  • 左上のパネルから元の通話を選択し、画面中央で [保留を解除] を選択すると、元の通話にもどって会話が再開します。
  • あるいは、左上のパネル上で直接、各通話の [保留解除] や [電話を切る] ボタンを押した操作も可能です。

_____________.gif

 

Android (HD コールの場合)

  1. [その他] > [転送]
    Screenshot_20191209-183917.png
  2. 転送先の名前か電話番号を検索、または履歴から選択        
  3. [話してから転送] を選択                                          Screenshot_20191209-184148.png
  4. 転送されるまで相手は保留になります
  5. [転送] を選択

iPhone (HDコールの場合)

  1. [その他] > [転送]
  2. 転送先を名前か番号で検索、または履歴から選択
  3. [話してから転送] をタップ
  4. 転送されるまで相手は保留になります
  5. 転送者に紹介してから [転送] をタップ

IOS_SKFRT.gif

 

そのまま転送

そのまま転送では以下のような転送先が選択できます:

  • チームメンバー
  • 社外の番号
  • グループ (代表番号を含む)
  • コールセンター
  • デスクトップ
  • Android
  • iOS

[そのまま転送] を選択した場合:

  • 通話はいったん保留になります
  • その後、直接転送されます

PCTransferDirect_JPN.gif

Android (HD コールの場合)

  1. [その他] > [転送]                                                             Screenshot_20191209-183917__1_.png                                                            
  2. 転送先の名前か電話番号を検索
  3. [そのまま転送] を選択                                                       
  4. 転送されるまで相手は保留になります
  5. [転送] を選択                                                                    Screenshot_20191209-184212.png                                                                   

iPhone (HDコールの場合)

  1. [その他] > [転送]
  2. 転送先を名前か番号で検索、または履歴から選択
  3. [そのまま転送] をタップ                                                   IOS_SKFRT.gif
  4. 転送先に直接通話が接続されます

 

ボイスメールへ送る

ボイスメールでは、以下転送先が選択できます:

  • チームメンバー
  • グループ(代表番号を含む)                 

ボイスメールへ転送を選択した場合:

  • 通話はいったん保留になります
  • その後転送相手のボイスメールへ転送されます

                              IOS_Direcrtransfer.gif

 

保留キューへ送る

保留キューへ送るでは以下のような転送先が選択できます:

  • チームメンバー

本機能は転送相手が離席しており、すぐに戻ってくることがわかっている場合にいったん保留状態で転送する場合に利用します。

保留キューへ送るを選択した場合:

  1. 通話はいったん保留になります
  2. その後チームメンバーへ転送されます(まだ保留状態)
  3. チームメンバーの通話中スクリーンに通知されます(保留状態)
  4. チームメンバーは [このデバイスに通話を切り替え] を選択し転送を受諾します

 

よくある質問 FAQs

オペレータが応答した電話を社外に転送できますか?

発信か着信かによって異なります。

着信した通話を誰かに転送する場合、社外 (社内の Dialpad 050 番号以外の番号) に転送できます。この場合、管理者が [オフィス全体設定]で、社外転送を有効にする必要があります。外部番号は、グループ、コールセンター、ユーザー、デスクフォンなどDialpadアカウントに紐付いている必要があります。

自分から発信した通話を転送する場合、Standard プランでは社外転送できません。Pro または Enterprise プランの場合は、サポートまでお問い合わせください。

転送した通話は録音されますか?

自動通話録音がオンの設定で、グループやコールセンターから社内の別ユーザーに [話してから] 転送した通話は、着信から通話の最後まで全通話が録音されます。直接 [転送] のみした場合、また社外番号へ転送した場合には、転送前の通話のみが録音されます。

 

この記事は役に立ちましたか?

/