代表番号・グループ|オペレーターとして応答する
  • 17 Jul 2023
  • 1 分 読み終える時間
  • ダーク
    通常
  • PDF

代表番号・グループ|オペレーターとして応答する

  • ダーク
    通常
  • PDF

Article Summary

この記事では代表番号やグループにアサインされているオペレーター向けに、グループの機能を紹介します。

グループへ着信

operator00.gif

個人番号と同様に、グループへ着信した場合も画面右上と左上に通知が表示されます(グループごとに色分けして表示されます)。着信通知には、発信者の名前と着信先グループ名が表示されます。

オペレーターは管理者が設定したルーティングオプションに従って呼び出されます。

オペレーターが通話中やプライバシーモードにしているなど応答可能なオペレーターがいないときに、かかってきた電話をキューで保留させることができます。オペレーターが応答可能になると、キューで待っている順番にオペレーターを呼び出します。応答できるオペレーターがいない或いは保留キューが上限に達した場合には、フォールバックオプションに従って転送されます。

通話中のオペレーターにも着信通知を表示する場合

mceclip0.png

管理者が通話中のオペレーターにも着信通知を強制するように設定している場合は、通話中に他の着信があると、すべてのオペレータに着信通知がポップアップして次のオプションが表示します:

  • 応答: 現在の通話を保留にしてかかってきた通話に応答する (通話を終了するともとの通話者との会話に戻ります)
  • 統合: 現在の通話と統合して三者通話にする
  • 拒否: すべてのオペレータが拒否すると、フォールバックオプションに従って転送される

この通知はデスクトップアプリでのみ利用可能です。

グループ番号で発信する

operator_callout.gif

個人番号からの発信と同様に、デスクトップアプリからグループとして発信をするには、アプリ左上の受話器アイコンをクリックして、[新規通話FROM:] のドロップダウンリストからグループを選択します。更に、グループに複数の番号が存在する場合や非通知で発信する場合は、[表示する発信者番号は] のドロップダウンリストから相手に表示する番号を選択します。

Air 0AB-J番号での発信手順

Air 0AB-J番号 (03,06番台など市外局番) での発信手順

グローバル発信者番号手順と同様に、アプリの [新規通話 FROM] のドロップダウンリストから Air 0AB-J 番号が登録されたオフィス/グループ名を選択します。その後 [表示する発信者番号] に Air 0AB-J番号 が表示されることをご確認して発信してください。

air-0abj.png

通話録音

operator_recording.gif

管理者が自動通話録音を有効にしている場合、通話中画面上部に「この通話は、管理者によって録音されております。」と表示されます。自動通話録音には管理者のみアクセスできます。
オペレーターがRECボタンをクリッすると手動録音が開始され、手動録音は個人通話として保存されます。手動録音には管理者はアクセスできません。そのユーザ本人のみアクセス可能です。

転送

operator_transfer.gif

個人番号の着信と同様に、グループに着信した電話を転送することができます。 通話画面下の [転送] アイコンをクリックして、転送先の名前または電話番号を入力します。[話してから転送] または [そのまま転送] を選択します。

[話してから転送] では通話はいったん保留になります。転送先に接続されたら、転送してもいいかを確認して [転送] をクリックします。

同じカンパニーのユーザに転送する場合は、ボイスメールに転送するか、ユーザの保留キューに転送するオプションが表示されます。

通話が複数のグループやコンタクトセンター間 (代表番号→Aグループ→Bグループ) で転送される場合、転送を受けるエージェントには直前の転送グループ名 (Bグループ) が表示されます。

Note:
転送は、電話番号が割り当てられたコンタクトセンター、グループへ実行できます。電話番号の付与がないコンタクトセンターやグループは転送の対象外です。

メッセージを送信

operator_message.gif

通話中画面下の [メッセージを表示] をクリックします。メッセージを入力してエンターキーを押すと、相手の Dialpad 通話画面に送信したメッセージが表示されます。 

メッセージの送信はDialpad 番号間でのみ可能です。Dialpad 以外の番号に Dialpad からメッセージを送信および受信はできません。

検索

grp_search.jpg

検索して [グループ連絡先] タブをクリックします。グループ連絡先にはグループの名前が色付きのタグで表示されます。

グループ受信トレイ

grp_all.jpg

グループ受信トレイには以下のタブが表示されます:

  • 保留キュー (設定している場合)
  • ライブコール (管理者のみ)
  • オペレーター: プライバシーモードまたは対応可能の確認
  • 新着
  • パーク保留(代表番号の受信トレイのみ)
  • すべて
  • メッセージ
  • ボイスメール
  • レコーディング (管理者のみ)
  • スパム

保留キュー

grp_park.jpg

管理者が保留キューを設定している場合は、グループの受信トレイに [保留キュー] タブが表示されます。 すべてのオペレータが通話中の場合は保留キューに転送されます。ここでは何人が保留キューで待っているのかを確認できます。オペレータが応答可能になると同時にオペレータを呼び出します。

ボイスメール通知の受信設定

グループや代表番号へ着信やボイスメールがあった場合のメール通知を受信しないように設定できます。

Dialpad.com > [管理者設定] > [グループ] (または [オフィス] の [代表番号]) を開きます。 受信を希望しない場合は項目のチェックを外します。

__________2019-12-24_12.29.23.png

上は設定したユーザー単位で有効になります。上の設定はグループ全体には影響しませんので、ユーザー各自の管理コンソールから設定してください。

グループのプライバシーモード

自身のプライバシーモードをオンに設定すると、自身の個人番号、オフィス代表、グループ番号への着信は停止します。グループ番号に対してプライバシーモードをオンにすると、そのグループのみ着信が停止します。

自身のプライバシーモードは、着信をすべて一括して停止する場合に設定します。

個人勤務時間

個人の勤務時間 の設定で、自分の勤務時間外にオフィス代表やグループへの着信を停止することができます。

設定により、オフィスや代表番号の営業時間に関わらず、自身の勤務時間のみに着信します。


この記事は役に立ちましたか?