Okta SCIM でユーザーを管理する

 

Okta SCIM により管理者はアカウントの作成から削除までのユーザーライフサイクルを自動化することができます。

この記事では Okta SCIM 自動プロビジョニング方法をステップバイステップでご紹介します。SAML による Okta シングルサインオン認証も合わせてご覧ください。

API アクセスを有効にする

To get started, you'll need to configure and enable the API integration between Dialpad + Okta. Here's how:

  1. Okta で Dialpad を開きます
  2. Provisioning タブを開きます
  3. API Integrationを開きます
  4. Configure API Integration を選択します

Configure をクリックすると、Enable API Integration のチェックオプションが表示されます。このオプションにチェックをいれたら、Okta に Dialpad API Token を入力します。

Screen_Shot_2018-04-02_at_4.53.50_PM.pngAPI token を入力したら、保存する前に Test API Credentials を選択して全て同期されているか確認してください。

Dialpad アプリのプロビジョニング

API がコンフィグされて同期されたら、Okta から Dialpad へのプロビジョニング(ユーザー作成、ユーザー情報の更新、ユーザー削除)を有効にします。

次の手順で行います: 

  1. Edit を選択
  2. 有効するフィールドにチェックを入れる
  3. Save 

Screen_Shot_2018-04-02_at_5.08.29_PM.png

 ユーザーにアサインする 

プロビジョニングを有効にしたら、Dialpad アプリをユーザーにアサインします。次の手順で行います:

  1. Assignments タブを開きます
  2. Assign を選択
  3. People を選択
  4. 個人の右に表示されているS Assign ボタンをクリック

Assign ボタンをクリックすると、そのユーザーネーム(メールアドレス)とプロフィールが自動表示されます。問題がなければ Save and Go Back を選択して assignment ページに戻ります。

すでに Okta でグループを作成している場合は、そのグループに Dialpad をアサインすることができます。

アサインが終わったら、ユーザーが自動的に Dialpad に作成されオフィスのエリアコードに基づき Dialpad の番号がユーザーに付与されます(日本は050から始まる番号)。

Dialpad へマップするOkta属性

Okta 属性

マップするDialpad フィールド名

メ モ

First Name

Name

First Name/Last Name とも

Last Name

Name

First Name/Last Name とも

Username

Email

ユーザーのhandle@domain

department

Office



officeName

Office

カスタム属性 (Okta デフォルトではないためOktaで作成が必要)

countryCode

Country



preferredLanguage

Language



title

Job Title

 

licenseType

License

カスタム属性 (Okta デフォルトではないためOktaで作成が必要)

ライセンス値は以下参照。

 

カスタム属性を作成している場合、外部名前空間は urn:ietf:params:scim:schemas: extension:enterprise:2.0:User となります。

 

ライセンス

製品名

dialpad_talk

Dialpad Talk

dialpad_lite

Dialpad Talk (Lite)

dialpad_support

Dialpad Contact Center

dialpad_sell

Dialpad Sell

dialpad_tfb

Dialpad TfB Offer

 

よくあるご質問は FAQ をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?

/