Salesforce Classic | Dialpad CTI の利用手順

 

電話をかける

Salesforce内で電話をかける場合、以下のページ内の電話番号をクリックします:

  • 見込み客 (Leads)
  • 取引先 (Accounts)
  • 商談 (Opportunities)
  • 取引先責任者 (Contacts)
  • ケース (Cases)

 

クリックするとDialpadアプリ(ネイティブもしくはChrome)が起動され、クリックされた番号で通話できるようになります。番号が正しければ[電話をかける]をクリックします。

Dialpadから電話をかけることにより、Dialpadの通話中のオプション、[転送]、[保留]、[通話の録音]を利用することができます。

 

最近の活動サイドバー

Salesforce Classic連携が有効になると、チームが確認できるように[最近の活動]サイドバーが自動的にSalesforceスクリーンに表示されます。

Dialpadの最近の活動のサイドバーに類似したもので、直近でやりとりした全リードや取引先が表示されます。サイドバーで:

  • [虫眼鏡]をクリックして、Salesforceの記録(リード、取引先など)を検索できます
  • [矢印]をクリックして、最近の通話のメモを閲覧できます
  • [取引先やリードの名前]をクリックして、詳細を閲覧できます
  • [電話番号]をクリックして、新規通話を開始できます

 

Classic と Salesforceとの連携

既にDialpad サイドバーから Salesforceと連携 (もしくはクリックコール機能) をご利用の場合、本 CTI 機能のご提供内容は以下の通りです。

 

サポートブラウザ 

Salesforce Classic 連携はすべてのブラウザ(Safari、Chrome、Firefox)で利用可能です。Chrome拡張機能はChromeのみのサポートです。

情報との関連付け

本機能はSalesforce内のリード、取引先、商談から直接利用するため、自動的に通話記録が情報と関連付けられます。 

Salesforceとの連携のでは複数の関連する情報があった場合、どの情報と関連付けるかを自身で選択することが必要です。

メモを残す

Salesforce Classic では、Dialpad アプリで応答した通話ログを Salesforce 側に残すことはできません。

Salesforceにメモを残す場合、管理者に連絡しSalesforceとの連携機能を有効化してもらってください。

Salesforce Classic連携では、次のいずれかを実施する必要があります:

Chrome拡張機能がSalesforce Classic連携の機能を妨げないようにいずれかを選択してください。

Salesforce Classic連携について詳細は、FAQ を参照ください。

この記事は役に立ちましたか?

/