ケース/商談へ通話を記録する (Dialpad CTI 経由)
  • 28 May 2024
  • 1 分 読み終える時間
  • ダーク
    通常
  • PDF

ケース/商談へ通話を記録する (Dialpad CTI 経由)

  • ダーク
    通常
  • PDF

記事の要約

Dialpad CTI での通話時に、Salesforce のケースや商談に通話を紐付けて、Salesforce コールアクティビティ履歴に通話ログを残すことができます。この記事では、設定手順をご案内します。

   
       

利用できるプラン

   
   
       

Dialpad Talk/Ai Sales/Contact Center の Pro、Enterpriseプラン でご利用いただけます。Salesforce 環境には、Salesforce Appexchange より最新のCTIパッケージをインストールください。

   

Salesforce CTI 設定

カンパニー設定画面から設定を開始します。

       
  1.        

    カンパニー > インテグレーションを開きます

       
  2.    
  3.        

    [Salesforce] のオプションメニューをプルダウンします

       
  4.    
  5.        

    [設定の管理] を開きます

           



           
       
  6.    
  7.        

    [Salesforce CTI 設定] を開きます

           
       
Note:

Dialpad CTI は、ブラウザーの複数タブでの利用をサポートしておりません。

 

ほか、主にブラウザーでの業務中にDialpad をご利用になるには、Dialpad Everywhere をご参照ください。

   

通話ログの記録先を設定

通話の記録先を設定します。カンパニー、オフィス権限者が設定できます。

       
  1.        

    [Salesforce CTI 設定] を開きます

       
  2.    
  3.        

    プルダウンから通話ログの記録先を選択します

       
  4.    
  5.        

    画面右上の[保存]ボタンで保存します

       

jp_sfnew3.png

設定は、ご用件に従い、コンタクトセンターごとに個別管理できます。

   
       

Tip:

   
   
       

この設定は、Salesforceにて既存の CTIソフトフォンレイアウトのポップアップスクリーン設定がある場合、それを上書きします。また、通話が複数のSalesforce (WhatID) に関連づく場合、ケース/商談のみにログし、Salesforce 側で複数の活動履歴が登録されないよう制御します。

   


ケースに通話を記録

以下オプション設定が表示されます。

       
  •        

    ボイスメール付き不在着信があった場合に、新規ケースを自動作成します。

           
                 
    •                

      個人通話、グループ/コンタクセンター通話ともに実行可能です。Salesforceにてケースが紐づいたコンタクト

                     

      についてのみ実行されます。

                 
    •        
       
  •    
  •        

    着信時にケースのスクリーンポップを表示します。

       
  •    
  •        

    ケースレコードページ上からクリックコールで発信した通話をそのケースに自動で記録します。

       
  •    
  •        

    通話終了後のログを必須とします。

           
                 
    •                

      着信応答時に、エージェントにケース一覧 (あるいは特定のケース) を表示し、操作をシームレスにします。

                 
    •        
           

       

手順:

       
  1.        

    [通話を記録] を開きます。

       
  2.    
  3.        

    プルダウンから、Salesforce ケースを選択します。
    salesforce_case.jpg

       
  4.    
  5.        

    必要なオプションを有効化します。

       
  6.    
  7.        

    保存します。

       

Salesforce の設定にて、通話の対象となるケースのリストを定義することができます。

エージェントは表示されたケースを無視して、CTI から新規ケースを作成することもできます。

sfnew3.png


商談に通話を記録

以下、オプション設定:

       
  •        

    商談レコードページからクリックコールで発信した通話を商談に自動で記録します。

       
  •    
  •        

    着信応答時に、エージェントに商談一覧 (あるいは特定のケース) を表示し、選択した商談に通話を記録します。

       
  •    
  •        

    通話終了後に商談へのログを必須とします。

           
                 
    •                

      着信応答時に、エージェントにケース一覧 (あるいは特定のケース) を表示し、操作をシームレスにします。

                 
    •        
       

手順:

       
  1.        

    [通話を記録] を開きます。

       
  2.    
  3.        

    プルダウンから、Salesforce 商談を選択します。
    salesforce_log.jpg

       
  4.    
  5.        

    必要なオプションを有効化します。

       
  6.    
  7.        

    保存します。

       

通話で表示するレコードは、Salesforce 管理者画面から定義できます。

sfnew5.png

FAQS

通話ログのアクティビティレコードの件名を編集できますか?

いいえ、現行編集できません。


この記事は役に立ちましたか?