Dialpad コンパニオンモード

(日本未対応の) Dialpad Voice Intelligence (Vi) は、通話やミーティングで活用できますが、Dialpadアプリで通話していない場合は、コンパニオンモードでリアルタイムViなどを利用できます。

コンパニオンモードとは?

Dialpad コンパニオンモードは、Dialpad Everywhereで利用できるバージョンです。Dialpadで通話中にも利用できますが、MS Teamsのような別のアプリ経由でも利用できます。

別のプラットフォームで稼働中であっても、(日本未対応の) リアルタイムのVi機能 (ライブトランスクリプションやリアルタイムアシストなど) を活用できます。

Dialpad Everywhere について詳細は、こちらをご覧ください。

コンパニオンモードをオンにする

コンパニオンモードは、オフィス設定から有効化できます。[オフィス設定] の [オフィス全体設定] の [DIALPADコンパニオンモード] から [Dialpadコンパニオンモードを有効にする] にチェックを入れます。

__________2021-05-31_15.52.39.png

[Dialpadコンパニオンモードを有効にする] にチェックを入れると、Dialpad Everywhere がアプリ上の [アプリ設定] で有効になります。コンパニオンモードが稼働するには、Dialpad Everywhereの次の3つのすべての項目が有効でなければなりません。

 

コンパニオンモードを使う

__________2021-05-31_16.19.04.png

コンパニオンモードの使い方は簡単です。上の [アプリ設定] の項目が有効になっていることと、アプリが起動していることをご確認ください。アプリが最小化されていても機能します。

通話が開始すると、コンパニオンモードウィジェットが自動で起動します。これにより、Dialpad Everywhereで通話するのと同じ方法で、通話中にDialpad Voice Intelligence機能を利用できます。

Companion_Mode_3.png

コンパニオンモードウィジェットは、通話が終了すると非表示になります。

この記事は役に立ちましたか?

/