ボイスメールドロップ

発信後不在の相手に、同じ内容のボイスメールを繰り返し残すことはありませんか?

ボイスメールドロップは、担当者があらかじめ設定したボイスメールメッセージを、マウスクリックで相手のボイスメールに残すことができます。これにより、より効率的に次の架電に取りかかることができます。

 

 

ボイスメールドロップを有効にする

[個人設定] > [ボイスメールドロップ] > [ボイスメールドロップを有効にする] にチェックを入れます。

VM_drop_call.png

ボイスメールドロップを有効にしたら、デフォルトのメッセージを設定、 .mp3 ファイルをアップロード、または直接録音することができます。 録音は最大ファイルサイズ 32 MB、録音の長さは48秒が上限です。

VM_drop.gif

ボイスメールドロップを使う

発信して相手のボイスメールのビープ音が聞こえた後に [VM Drop] ボタンを押します。

複数のボイスメールを保存している場合は、[VM Drop] ボタンにマウスオーバーすると、メッセージの選択肢が表示されます。 

VM_Drop_user.gif

相手にはボイスメールドロップに設定したメッセージがボイスメールとして残り、通話は切電します。これにより担当者は、より早く次の発信に取りかかることが可能になります。

この記事は役に立ちましたか?

/