Dialpad Everywhere

Dialpad Everywhere を利用することで、Dialpad以外の画面を開いていても、Dialpadの機能にすぐにアクセスできます。

 

 

Dialpad Everywhere をご利用の前に、最新バージョンのアプリにアップデートします。

 

Dialpad Everywhere の設定

アプリ画面右上のプロフィールアイコンをクリックし、プルダウンメニューから [アプリ設定] を選択します。

jp_Everywhere00.png

 

[その他の設定] > [Dialpad Everywhere] の設定を有効化します。

jp_Everywhere01.png

機能が有効化されると、デスクトップアプリで通話中に他のどの画面を開いていても Dialpad Everywhereが画面に表示されます。

Tips:

Dialpad Everywhere は、Androidモバイルアプリでも利用できます。 詳細はこちら

 

通話コントロール

Dialpad Everywhere にマウスオーバーすると、以下の通話コントロールのオプションが表示されます: 

  • ミュート
  • 保留
  • ダイアル
  • 話してから転送
  • そのまま転送
  • 通話先を追加
  • 録音
  • 電話を切る

dpenew.gif

 

Dialpad Ai Everywhere (日本未対応)

Dialpad Ai を有効にするとDialpad Everywhere に Ai ボタンが表示されます。これをクリックするとトランスクリプトを見ることができます。

Ai_DPE_toolbar.png

リアルタイム推奨事項とトランスクリプトの切り替えもスムーズです。

 

 

連携

Dialpad Everywhereインターフェイスにマウスオーバーすると連携オプションが表示されます。

ご利用いただける連携は次の通りです: 

 

Google Workspace と Microsoft 365 連携 

Screen_Shot_2018-04-26_at_4.08.31_PM.png

メール

メッセージを作成 最近のメール 全て表示
ブラウザにてメールアプリを起動しメール作成 直近の3件のメールへのリンク すべての共有しているメールの閲覧


カレンダーイベント

イベントを作成 一緒に参加するイベント 全て表示
ブラウザにてカレンダーアプリを起動しイベントを作成 現在と次に一緒に参加するイベント 全共有イベントを表示


ドキュメント

ドキュメントを作成 共有ドキュメント 全て表示
ブラウザにてドライブアプリを起動 共有されたファイル3件まで表示 全共有ドキュメントを表示


Salesforce 連携

商談を作成

ブラウザの新規タブが立ち上がり商談のページが開く


全て表示

Salesforce の活動履歴の参照ページが開く


リードを表示

Salesforce の リード (Lead) 画面が開く(Leadに接続されている場合)


Zendesk および ServiceNow 連携

新規チケット作成

Zendesk/ServiceNow アプリをブラウザで起動し新規チケットをオープン


最近のチケット

このコンタクトの過去3件のチケットを表示


記録を表示

Zendesk/ServiceNow をブラウザで起動しこのコンタクトの全チケットをオープン 

 

HubSpot 連携

HubSpot に通話履歴を残す

Hubspot に通話履歴を残すことができる

 

 

このほかの詳細は、Dialpad Everywhere FAQもご参照ください。

この記事は役に立ちましたか?

/