Zendesk・Dialpad 連携のインストール

 

Dialpad アプリのインストール

Zendesk 連携を追加するには、まず Zendesk アプリストアから Dialpad アプリをインストールします。

Screen_Shot_2019-05-23_at_2.32.06_PM.png

インストールが完了すると Dialpad管理者画面に遷移します。以下の手順で連携を有効にします。

 

Zendesk 連携を有効にする

オフィスが1つの場合

  1. [管理者設定] > [オフィス] > [インテグレーション] を開きます
  2. [Zendesk] の右方向の [オプション] ドロップダウンメニューから [有効にする] を選択します
  3. [設定] タブにて、連携する Zendesk サブドメインを設定し、通話、詳細設定の各オプションを選択して、保存します。

zendesk_enable.gif

 

オフィスが複数の場合

オフィスが複数ある場合は、はじめにカンパニーレベルで連携を有効にする必要があります。カンパニーの連携を有効後、それぞれのオフィスに対して連携を有効にします。

  1. [管理者設定] > [カンパニー設定] > インテグレーション
  2. [Zendesk] の右方向の [オプション] ドロップダウンメニューから [有効にする] を選択します 

__________2020-07-08_11.45.39.png

展開された画面の [オフィスアクセス] タブをクリックし、連携を有効にするオフィスを選択して [変更を保存] をクリックします。続いてオフィスが1つの場合の手順にしたがって設定します。

__________2020-07-08_11.57.23.png

 

連携の各設定

ユーザーアクセスを許可

必要なオフィスに連携を有効化後、連携を使用するユーザーの選択、また通話ログオプション設定をします。

  1. [管理者設定] > [オフィス] > [インテグレーション] を開く
  2. [Zendesk] > [オプション] を開く
  3. ドロップダウンから [設定] を開く
  4. [ユーザーアクセス] タブにて連携を使用するユーザーのチェックボックスをオンにします。

__________2020-07-08_12.09.42.png

 

通話ログの有効化

着信時に自動的にチケットを作成するには、通話ログオプションを有効化します。カンパニー、オフィス、グループ、また個人レベルで個別に設定できます。

  • 通話をチケットにログ
  • 通話録音をチケットに残す
  • ボイスメールをチケットに残す

設定する共有ラインから、[インテグレーション] > [Zendesk] > [オプション] > [設定] を開きます。

__________2020-07-08_14.40.19.png

通話ログは社外の通話でのみ有効です。社内の Dialpad ユーザーとの通話のログは残りません。

通話録音やボイスメールのログを有効にすると、通話で自動生成されたチケットと紐付き、顧客情報とともに通話を一元管理できます。

 

zd-enable-call-logging-second-image-reupload.png

詳細設定

管理者は次の設定のオプションを選択できます:

  • 通話ログ設定をロックし、ユーザー、グループレベルでの設定内容を変更することができなくなります。
  • 通話ログ設定を共有ラインのみに適用し、個人番号で発着信したログは生成されません。

__________2020-07-08_14.40.30.png

個人番号の通話のチケットを自動生成するには

1. Zendesk の[設定] タブを開き、[共有した回線のみ適用] のチェックを外しておきます。

Dialpad_2020-07-08_15-26-33.png

2. [オフィス] > [ユーザー] を開き、有効にするユーザーの [オプション] をクリックします。 [通話] > [インテグレーションを設定する] を選択します。

Dialpad_2020-07-08_15-14-45.png

3. 展開した画面で Zendesk までスクロールダウンして、[ユーザーで設定] にチェックを入れます。残したいログの項目にチェックを入れて保存します。

Dialpad_2020-07-08_15-23-33.png

 

この記事は役に立ちましたか?

/