メインコンテンツへスキップ

Dialpad リリースノート 21.11.15

dialpad-1-logo.png

新着

プラットフォーム

APIにて、Office IDから全コールセンター・勤務外ステータスを取得できるようになりました。

OffDutyStatuses.png

コールセンターのエージェントステータスの変更

さらに、特定のコールセンター、あるいはエージェントのオンラインステータスを更新するAPIエンドポイントをリリースしました。前のコールで取得したステータスをパラメータに使用します。

Contact Center

ジオグラフィック ルーティング

Contact Center Pro、Enterpriseプランをご利用のお客様は、ジオグラフィックルーティング機能をご利用いただけます。日本では12月前半にリリースを予定しています。

Zoho 連携

Dialpad アプリの連絡先が、Zohoアカウント、コンタクト、リード、ベンダー情報と同期します。また、通話をログし、未登録番号からの着信時には、新規コンタクト、リードを登録します。

アナリティクス

  • 通話カウントの内訳にて、ユーザー名でフィルタリング時にコールバック統計を表示します。
  • サービスレベルタブからエージェントステータスのエクスポートオプションを削除しました。エージェントステータスエクスポートは、エージェントステータスタグから引き続き実行できます。
  • 不在着信について、通話経路で誤ったタイムスタンプ表示される事象を修正しました。

改修と更新

不具合の改修

  • 統計APIの事象を解消
  • [共有リンクをコピー] をボタンに更新
  • エージェントステータスとヒートマップチャートの事象を解消
  • Salesforce 同期の事象を解消
  • コールセンターの Vi 予測の事象を解消

その他

この記事は役に立ちましたか?

/