Salesforce サイドバーアプリを使う

Dialpad アプリのサイドバーより、Google WorkspaceMicrosoft 365と同様に、Salesforceとも連携することができます。

 

Salesforceとの接続

事前に以下の点をご確認ください:

  • Salesforce Enterprise、あるいはUnlimitedエディションが必要
  • API へのアクセスを許可
  • Salesforce 管理者により Salesforce での Dialpad 連携の有効化を実施

 

Salesforce CTI 連携については Classic および Lightningを参照ください。

Dialpad から Salesforce に接続するには:

  1. Dialpad アプリで左サイドから連絡先をクリックして選択し、右サイドからSalesforce アプリへスクロール
    Salesforce.png

  2. [Salesforce] をクリック
  3. Salesforceへログイン

    Ja_Salesforce_-_Log_In_Window.png

ログインが完了すると、Dialpad の右サイドバーにて、Dialpad アプリで表示している連絡先に紐付くSalesforce側のコンタクトが表示されます。

複数の情報がマッチした場合:

  1. メッセージ [X件のSalesforceと一致] をクリック
  2. 正しい連絡先を選択
  3. 選択された連絡先情報と同期されます

sf_jpn_1.png

Dialpadの連絡先とSalesforce間で同期が完了すると以下のような情報が表示されます:

  • 名前とオーナー:Salesforce の取引先責任者情報を同期します
  • Contact を表示:Salesforce の取引先責任者に遷移します
  • ToDo を作成:通話をするとその CallId に紐づくToDo が作成されます。
  • 次のステップ:完了していない ToDo が表示されます
  • 過去の活動:完了した ToDo が表示されます

__________2019-12-13_13.52.45.png

Salesforce レコード

以下を表示:

  • 同期するタイトル、会社名
  • オーナー名
  • ステージ (Salesforce の取引先責任者に商談が紐づいている場合にそのフェーズを同期します)

ToDo を作成 

Dialpad アプリから ToDo を作成できます。作成された ToDo は Salesforce の活動の履歴に表示されます。Dialpad アプリで通話すると、通話終了後にその callId に紐づく「完了した」ToDo が自動作成され、[過去の活動] に表示されます。通話中に [ToDo を作成] をクリックして [件名] と [メモ] を入力します。

  • デスクトップアプリ
  • Android
  • iOS

[次のステップ] に ToDo を残す

__________2019-12-13_14.17.37.png

以下の方法で ToDo を残す場合は、未完了の ToDo として作成され、Dialpad アプリの [次のステップ] に表示されます。

  1. Dialpad アプリで連絡先を表示
  2. 電話をする前に [ToDo を作成] をクリック
  3. 件名とメモを入力して [保存] をクリック
  4. [次のステップ] に表示されます。 

電話をする前に作成した ToDo は通話履歴と紐づかない独立した ToDo として作成されます。この ToDo の「状況」はデフォルトで 「Not Started」になります。

SFnew.gif

[過去の活動] に ToDo を残す

__________2019-12-13_14.17.46.png

Dialpad の通話で自動作成された ToDo は、「完了した」ToDo として [過去の活動] に表示されます。

[ToDo を作成] をクリックしてメモを残す場合の手順は以下の通りです:

  1. Dialpad アプリで連絡先を表示
  2. 電話をかける
  3. 通話中に [ToDo を作成] をクリック
  4. 件名とメモを入力して [保存] をクリック

[保存] をクリックするタイミングは、通話中でも電話が終了した後でもどちらでもかまいません。

通話中に [保存] した ToDo は通話終了後にその通話と紐付き1つの「完了した」 ToDo が作成されます。

SFTask.gif

Android Dialpad アプリから通話に紐づく ToDo を作成

デスクトップアプリと同様に、連絡先から ToDo の履歴を閲覧できます。連絡先の Info アイコンをタップして Salesforce サイドバーを表示します。

salesforce_android.png

通話中に (または過去の通話履歴を長押し) メモを入力した場合、自動的に「完了した」ToDo として保存されます。

 

デスクトップと同様に、連絡先のプロフィールから ToDo の履歴を閲覧できます。[プロフィールを表示] をタップしてスクロールダウンすると、その連絡先に紐づいた ToDo が表示されます。

iOS Dialpad アプリから通話に紐づく ToDo を作成

  1. コンタクトの [プロフィールを表示] > 次のステップの [+] をタップ
  2. [関連する通話を選択] から ToDo に紐づける通話を選択
  3. 左上の [<] をタップして活動メモの画面に戻り、件名とメモを入力
  4. 右上の [保存] をタップ
  5. 過去の活動に「完了した」 ToDo が作成される 

SF_iOS.gif

作成した ToDo の件名やメモを上書きする場合は、[過去の活動] から編集する ToDo をタップして上記ステップ2から4を実施します。

通話に紐づかない「未完の」ToDo を作成する場合は、上記ステップ2で [通話なし - オープンログ] を選択してください。この方法で作成した ToDo は [次のステップ] に表示されます。  

 

 

通話のログ

Dialpad と Salesforce の取引先責任者 (Contact) がリンクしている場合、Dialpad のすべての通話は「完了した」ToDo として作成されます。

__________2019-12-13_17.05.01.png

デフォルトでは、Dialpad の通話後に自動作成された ToDo のタイトルは「Dialpad 通話 - 発信 / (1)分」となります。通話録音やボイスメールは通話に紐づく ToDo のコメントに表示されます。通話で自動作成された ToDo には次の情報が記録されます。

メモ:

Dialpadカンパニー内の別のユーザーから着信した通話は、Salesforceにはログされません。

デスクフォンで通話した場合ログは残りますか?

Dialpad の連絡先が Salesforce の取引先責任者の情報と一致する限り、デスクフォンの通話もログされます。複数の取引先責任者がヒットする場合、ログを残すには通話を紐づける取引先責任者を選択する必要があります。

過去の活動

完了したタスクが表示されます:

  • 割り当て先:Dialpad で通話を行ったユーザー
  • 件名:Dialpad の通話による ToDo が作成された日付
  • 通話種別:通話の方向 (発信または着信)
  • 通話時間:秒で表示
  • 開始日/期日:通話の発着日

タイプについては現在記録しません。

過去の活動欄より [全てを表示] をクリックすると、すべての活動が Salesforce で表示されます。Salesforceの最新パッケージがインスt−るされていることをご確認ください。以下、Salesforce インストールリンクです。

Salesforce Dialpad 連携について詳しくは、FAQ をご参照ください。

この記事は役に立ちましたか?

/