インターネット接続エラー・トラブルシューティング

Dialpad ご利用にあたり、ネットワーク必要要件をご確認ください。

本ヘルプ記事では、Dialpadご利用時に 「インターネット接続を確認して、もう一度お試しください。」といったエラーが表示される場合、またオフィスインターネット接続エラーに対処する確認事項をご案内します。

Note:

本記事は主に会社ネットワークを対象にご説明します。自宅ネットワークでご利用時のトラブルシューティングはこちらの記事をご参照ください。

 

帯域

よい音声品質を確保するには、高速DSL、ケーブル、光ファイバ接続の利用を推奨しています。 音声回線の上り下りの帯域幅を100Kbits/秒 で利用することを想定しています。

 

FQDNs

ルーティング、セキュリティ、システムメンテナンス、およびリモートデバイス管理通信のために、以下のFQDN を許可する必要があります。

  • dialpad.com
  • www.obitalk.com
  • www1.obitalk.com
  • prov.obitalk.com
  • devpfs.obitalk.com
  • storage.googleapis.com
  • ubervoice.ubervoip.net
  • turn.ubervoip.net
  • stun.l.google.com
  • uvwss.ubervoip.net
  • legacy.dialpad.com
  • dialpadcdn.com
  • static.dialpadcdn.com
  • prov*.dialpad.com
  • *.googleusercontent.com
  • *.pusher.com
  • google-public-dns-a.google.com
  • google-public-dns-b.google.com

 

ポートの開放

FQDN の許可を確認後、以下ポートが開放されていることを確認します。ネットワーク環境で使用するDialpadクライアントの種類 (ナイティブアプリ、デスクフォン、モバイルアプリ) により、開放するポートを調整する必要があります。

ブラウザおよびネイティブアプリ (Mac or Windows) のため以下のポートを開放してください:

ポート プロトコル 説明
443 TCP 画像、メッセージ、ソーシャルプロファイル機能などを含む製品
HTTPS と WSS プロトコルによる通信
16384-32768 UDP、双方向 メディア(音声とビデオデータ)、音声通信、RTP & SRTP
19301、19302 UDP NATを超えるためのSTUN and TURN 
443 UDP/TCP NATを超えるためのSTUN and TURN

 

Obihai and SIP フォン のため以下のポートを開放してください:

ポート プロトコル 説明
 80 TCP コールを受信した際のObihaiのLCD上に表示される画像
7060、5060 UDP outbound, TCP コール設定のためのSIPシグナリング
5061 TLS セキュアフォン(TLS利用)
10000 - 20000 UDP、 双方向 Obihaiのみ。 通話のためのメディア(音声とビデオデータ)とObihiコンフィグレーションサーバーからのコンフィグレーションのダウンロード
16384 - 32768 UDP、 双方向 メディア(音声とビデオデータ)、音声通信、RTP & SRTP

 

上記にしたがい、FQDN、ポート開放、また帯域の確保を確認いただくことで、Dialpad 利用時のインターネット接続は解消いただけます。引き続き問題が解消しない場合、サポートまでお問い合わせください。

 

参照記事:

 

 

この記事は役に立ちましたか?

/