着信鳴動時間 FAQs

グループやコールセンターで着信鳴動時間を設定している場合でかつオペレータ/エージェントも個人の着信鳴動時間を設定している場合、どちらが優先されますか?

一番短い鳴動時間をデフォルトにします。管理者がグループやコールセンターに設定している鳴動時間よりオペレータ/エージェントの個人設定で設定している鳴動時間の方が短い場合は、オペレータ/エージェントの個人設定の鳴動時間が優先されます。

仮に管理者がグループ番号の鳴動時間を30秒に設定して、オペレータAが自分の鳴動時間を20秒に設定した場合、オペレータAを鳴動させる時間は20秒となり、他のオペレータを鳴動させる時間は30秒(各自で鳴動時間を設定していない場合)となります。

同じシナリオで、オペレータBが自分の鳴動時間を35秒に設定して、オペレータCが自分の鳴動時間を25秒に設定した場合、架電者には呼び出し音が80秒間聞こえます。(A20秒+B30秒*+C25秒=75秒、*管理者が設定した30秒が Max となる。) 

最長待機、固定順、ラウンドビンについても同様のことが言えます。

 

設定した鳴動時間の通りに動作していないようです。

着信鳴動時間が 100% 正確に動作する保証はできません。設定の鳴動時間にあわせてできる限り正確に鳴動するようにはなっていますが、10秒から45秒の間で多少の鳴動時間の誤差があります。

10秒と設定した場合、着信鳴動時間としては短いため常にこれをキープするのは難しいことがあります。また 45秒と設定した場合、転送先のボイスメールが30秒を過ぎた時点で応答してしまうこともあります。

 

この記事は役に立ちましたか?

/