WiFi (ワイヤレス) 接続に関する考慮点

Dialpad アプリをWiFi 接続でご利用する際の、ネットワークに関してご考慮いただく項目を説明いたします。

オフィス、あるいはご自宅のWiFiネットワーク環境での確認事項は共通ですが、ご自宅からのアクセス時のトラブルシューティングは、こちらの記事を合わせてご参照ください。

 

物理的障害

Wi-Fi は電波信号 (無線周波) であるため、物理的障害物により電波干渉が生じます。一般的な物理的障害とWi-Fi を含む電波信号への影響は以下の通りです:

  • 金属、コンクリート、石:殆どの電波信号を完全に反射する(電波を通さない)
  • 石膏ボード:無線周波には殆ど影響しないまたは全く影響しない
  • ガラス:電波の回折特性(障害物を回り込む特性)により、周波数が低いと回り込んだり反射して遠くまで届きやすく、周波数が高いと直進性が強くなり障害物の影響を受けやすくなる
  • 木材:影響は木材の種類による
    • ベニヤ合板やバルサムのような薄くて柔らかい木材は Wi-Fi 電波干渉を受けにくく電波を透過する
    • オークのような固い木材は Wi-Fi 電波信号を吸収して、電波強度とスループット (ネットワークが処理できるデータ量) をデグレードする

Wi-Fi 接続状況に問題があり、上記が PC と WiFi ルーターの間に存在する場合、障害となっている可能性があります。この場合には、WiFi ルーターを Dialpad を利用するPCや端末のより近くに移動して、より安定した信号を確保します。

 

チャネルの電波干渉

同一チャネルに多数のネットワークが存在する、または同一チャネルに多くの帯域を称する他のネットワークが存在する場合は、混雑したチャネルとみなされます。例えば同一チャネルに2つのネットワークが存在しておりそれぞれの電波が強い場合でも、電波干渉が生じます。

電波干渉を回避できるように、多くのルーターでは利用するチャネルを手動で設定変更できます。チャネルの偏光により、ネットワーク接続を大幅に改善することができます。

 

電磁界 (EMF) テスト

物理的障害が Wi-Fi トラブルシューティングの一番の変動要因ですが、強い電磁波を持った他の電化製品も Wi-Fi のパフォーマンスに影響を与えます。 他の電化製品から放たれる無線周波が互いに干渉して壁を作り、無線信号をブロックまたはデグレードする恐れがあります。
EMF は Radio Frequency interference (無線周波妨害) と呼ばれることもあります。

これらの妨害を特定することは難しいように見えますが、アプリケーションを使って特定が可能です。スマートフォンの App Store にはさまざまな無線干渉の探知アプリがあります。”Electromagnetic field (EMF) detectors” で検索してみてください。これらのアプリは、スマートフォンのビルトインセンサーを使い、周辺電化製品から放出される強い電磁波を検波します。

妨害している電化製品を特定できたら、その電化製品、あなたの無線デバイス、または Wi-Fi ルーターのいずれかを最適な場所に移動します。単にあなたのラップトップパソコンを別の場所に移動させることで改善する場合もあります。

 

WiFi プロトコル

ネットワークへの影響で見落とされがちなのは WiFi の通信規格です。現在米国 (日本も同様) では IEEE 802.11a/b/g/n/ac が利用可能です。ほとんど全ての無線アンテナでは同時に一つの規格しか使えません。

すべてのデバイスが同じ通信規格を使用していれば接続への影響はありません。例えば複数のデバイスで IEEE 802.11ac または IEEE 802.11n を使用しているときに、そのうちひとつでも IEEE 802.11g を使用すると、すべてのデバイスが接続の信頼性低下とスループット低下の影響を受けてしまいます。(これは、最新のデバイスでより高度な通信規格を使い優れた通信技術を享受する機会を失う原因にもなっています。)

この問題を回避するには、自分の VoIP デバイスの通信規格とネットワーク上のすべてのデバイスの通信規格を同じものにしてください。 

 

周波数帯

上述すべてにおいて、Wi-Fi 接続にどの周波数帯を使うのかを考慮する必要があります。周波数帯は VoIP において特に重要です。VoIP は他のインターネット接続機器よりも、とりわけ高速で安定したインターネット接続に依存します。2.4 GHz と 5 GHz のどちらでも利用可能です。多くの人は 5 GHz の方が良いと信じている傾向がありますが、どちらの周波数帯にもメリットとデメリットがあります。利用環境に応じて最適な周波数帯を選択してください。

低い周波数はバンドが小さい分広範囲に届きますが速度も低下します。それぞれの違いは以下の通りです:

  • 2.4 GHz
    • 遠くまで届きやすい
    • 干渉を受けにくい
    • 通信速度が低下しやすい
  • 5 GHz
    • 通信距離が短い
    • 干渉を受けやすい
    • 通信速度の向上が期待できる

使用する周波数帯を決める際は、EMFや物理的障害または通信規格など、ネットワークに影響を及ぼすすべての要因を再検討する必要があります。

 

バンドステアリング

バンドステアリングは、自動的に 2 つの周波数を切り替えることができるデュアルバンドWiFi 搭載の多くのルータに実装されています。バンドステアリングは、一般的なインターネットアプリケーション利用時には便利ですが、Dialpad のような VOIP アプリの利用時には注意が必要です。

5 GHz 帯の方がキャパシティは大きいですが、上記で述べたように必ずしもそれがベストな通信環境とは言えません。VoIP は安定した強いインターネット接続を必要とします。バンドステアリングを使う前に、ネットワークに影響する要因すべてを考慮する必要があります。

 

ネットワーク必要要件については、こちらのヘルプ記事をご利用ください。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?

/