コールセンターの複製

コールセンターは グループよりもさらに機能を拡充して、詳細設定を実行できます。

以下、コールセンターの主な機能はです。

 

この記事では Dialpad Sell、Dialpad Contact Center にて、コールセンターの作成方法および各種設定を説明します。

 

実行できるユーザー権限:

コールセンターの作成は、Dialpad SellDialpad Contact Center ライセンスのカンパニー/オフィス管理者が実行できます。

 

コールセンターを作成

dialpad.com > [管理者設定] を開きます。

  1. [コールセンター] を開きます。
  2. [コールセンターを追加] をクリックします。
  3. コールセンターに名前を入力します。
  4. 必要に応じて、[番号を追加] をクリックして番号をアサインします。
  5.  [作成] をクリックします。

jp_create_CC.gif

新しく作成したコールセンターの概要を表示します。

コールセンターの名前、略称、IVR・ボイスメールの言語設定、コールセンターに関する説明等を設定できます。最大30個までの番号を割り当てることができます。

 

コールセンターの複製

複製機能により、既存のコールセンターに適用されている様々な設定を、新規作成されるコールセンターにコピーできます。複製完了後、さらに必要な設定を追加して、更新ください。

dialpad.com > [管理者設定] を開きます。

  1. [コールセンター ] > 複製するコールセンターを選択します。
  2. [複製] をクリックします。

Duplicate_Call_Center.png

[コールセンターを複製] ウィンドウにて、コールセンターの複製先となるオフィスの選択、コールセンター名、説明、また所属させるエージェントを選択します。

Duplicate_Call_Center_pop-up.png

Note:

カンパニー管理者は、別オフィスを指定してコールセンターを複製できます。

オフィス管理者は、自身が管理者であるオフィスに対して複製できます。

 

エージェントと管理者の選択 

以下オプションから選択:

  • [すべてのエージェントと管理者をコピー]:複製元のコールセンターに所属する、エージェント、スーパーバイザー、コールセンター管理者を複製先にコピーします。
  • [エージェントと管理者を選択]:次の画面でコピーするエージェント、スーパーバイザー、コールセンター管理者を選択します。

[エージェントと管理者を選択] オプション > [次へ] をクリックすると、新規ポップアップが開き、複製もとのコールセンターに所属するエージェント、スーパーバイザー、コールセンター管理者が表示されます。

ポップアップには、複製元のコールセンターのユーザー名、メールアドレス、ユーザー権限が一覧されます。

Duplicate_CC_Add_Agents.png

必要なエージェントを選択し、[複製] をクリックします。

画面左上に [複製進行中] > [複製完了] となります。

Duplicate_CC_in_progress.png

複製が完了すると、管理者画面は新規コールセンターの表示に移動します。

Duplicate_CC_sucessful.png

複製するエージェントと管理者の数により、完了までに長く時間がかかる場合があります。この場合、完了時に以下メッセージが表示されます。

Duplicate_CC_wait.png 

 

オフィス設定項目

同じオフィス内にコールセンターを複製する場合、以下の設定は複製されません。

  1. 電話番号
  2. Fax番号
  3. 検証済み番号
  4. インテグレーション設定

異なるオフィスへコールセンターを複製する場合、以下の設定は複製されません。

  1. 電話番号
  2. Fax番号
  3. 検証済み番号
  4. インテグレーション設定
  5. IVRs
  6. CSATアンケート
  7. 通話タイプ

 

コールセンターの管理についての詳細は、こちらのヘルプ記事 をご参照ください。

 

この記事は役に立ちましたか?

/