Salesforce への連絡先照合と通話ログの記録

Dialpad カンパニー、オフィス管理者は、接続するSalesforce インスタンスにエージェントと連絡先との通話ログを記録するように設定できます。これにおいて、Dialpadの連絡先と Salesforce 側のレコードを照合し、正しいレコードへ記録する必要があります。

初期設定では、Dilapad の連絡先名、電話番号、メールアドレスを参照して Salesforce 側で一致するレコード検索を試みます。この際に、一致するレコードが複数返される場合には、レコードを特定できずSalesforce へのログが実行されないことがあります。

このようにSalesforce で複数レコードが検出される場合にそなえ、管理者は優先順を設定しておくことができます。上位に設定された Salesforce オブジェクトタイプを優先して一致するレコードを自動識別し、通話ログを記録します。

SFDC00.png

[個人取引先の解消] オプションを有効にすると、Dialpad は、Salesfore 側で重複する個人取引先に紐付いた連絡先を自動識別から除外します。

SFDC01_J.png

[活動を自動的に通話に記録]オプションでは、Salesfore データに完全一致しない場合にも自動で全通話を記録するか否かを設定できます。[Salesforceで完全一致した場合にのみ通話を記録する]オプションをオンにすると、取引先責任者が識別された場合のみ通話を記録します。

SFDC02_J.png

このオプションがオフの設定では、Salesfore レコードが識別されない場合にも通話ログが記録されます。連絡先がSalesforce レコードと一致しない通話は、Salesforce の[名前] アトリビュートを空欄にして記録されます。

 

 

この記事は役に立ちましたか?

/