ケース/商談への通話ログ (Dialpad CTI 経由)

 

Salesforce Lighting にて Dialpad CTI で Salesforce のケースや商談に通話をリンクすることで、Salesforce コールアクティビティ履歴に通話ログ残すことができます。

カンパニー/オフィス管理者がケースや商談に対する通話ログ設定を実行します。

jp_sfnew3.png

設定は、コールセンターの用件にしたがい、コールセンターごとに個別管理できます。

 

Salesforce ケースへの通話ログ

Salesforce ケースへの通話ログを設定すると、さらに以下オプション設定が表示されます。

jp_sfnew.png

オプション設定: 

  • ボイスメール付き不在着信があった場合に、新規ケースを自動作成する
  • ケースレコードページ上からクリックコールで発信した通話をそのケースに自動で記録する
  • 着信応答時に、エージェントにケース一覧 (あるいは特定のケース) を表示し、選択したケースに通話を記録する。Saleforce上で、表示する対象となるケースの基準を定義できます。また、エージェントは表示されたケースを選択せずに、CTI から新規ケースを作成して新規ケースレコードに紐付けることも可能です。

sfnew3.png

Salesforce 商談への通話ログ

Salesforce 商談への通話ログを設定すると、以下オプション設定が表示されます。

jp_sfnew2.png

オプション設定:

  • 商談レコードページからクリックコールで発信した通話を商談に自動で記録する
  • 着信応答時に、エージェントに商談一覧 (あるいは特定のケース) を表示し、選択した商談に通話を記録する。Saleforce上で、表示する対象となる商談の基準を定義できます。

sfnew5.png

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?

/