アカウントセキュリティ

Dialpad Meetings は、お客さまに安心してご利用いただけるようセキュリティ対策を心がけております。

ここでは Dialpad Meetings のセキュリティーに関してご説明します。

 

バックエンド

Dialpad Meetingsでは、そのバックエンドでDTLS (シグナリング)、SRTP (メディア)にて暗号化されています。またチャット、連絡先はWeb側でHTTPsで通信され、全てのサイトはSSLにより運用されています。

ミーティング中は、コンピューターから接続してくるユーザー全てに暗号化が適用されます。ただしPSTN経由でモバイルで参加した場合は暗号化はされません。

セキュリティーを高めたい場合、コンピューターからの参加をお勧めします。参加者がコンピューターもしくはモバイルから参加してるかは、ミーティングページの参加者リストにて確認することができます。

 

データストレージ

すべてのデータはISO 27001 の認証を受けた Google クラウドプラットフォームに保存されており、毎年 SOC2 Type II  SSAE 16 の監査されております。

 

HIPAA コンプライアンス  

Dialpad と Dialpad Meetings は BAA (Business Associate Agreement: ビジネスアソシエート契約) を締結して HIPAA (Health Information Portability and Accountability Act: 医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律) に準拠しています。BAA に関するご質問は legal@dialpad.com (英語) までお寄せください。セキュリティーとプライバシールールについての Dialpad と Dialpad Meetings の取り組みは Dialpad HIPAA データシート (英語) をご覧ください。

 

ミーティング中のセキュリティー対策

参加者を退出させる

ミーティングに参加してほしくない場合、オーガナイザーは参加者カードのドットアイコン (参加者コントロール) をクリックして [ユーザーを削除] を選択することで退出させることができます。

DM_remove_user.png

DM_user_remove_2.png

ミーティングをロックする

すべてのゲストが参加した後、ミーティングをロックしてそれ以降の参加を制限することができます。

ミーティングをロックするには、画面下の [オーガナイザーコントロール] から [ミーティングをロック] を選択またはモバイルから ## を押してください。  

mtg_lock.png

ロックされたミーティングに参加しようとすると、参加者には待機する旨のメッセージが表示されます。

mceclip0.png

 

オーガナイザーには、ロック後に入室した参加者が待機ルームで待っている旨が表示されます。

mceclip1.png

 

その他のオプション

開始の制限

オーガナイザーが参加するまでミーティングを開始させないことができます。

許可する場合は、個々のアカウントにて [設定] > [ミーティング] > [自分が参加していなくてもミーティングの開始を許可しますか?] のトグルをオンにします。

チーム管理者が一括でコントロールする場合は、[チーム] > [チーム設定] > [開始するにはオーガナイザーの参加が必要ですか?] から選択します。

 

PINを設定

ビジネスアカウントでは、ミーティング参加にPINを設定することができます。PINを設定することにより、PINを知らない参加者はミーティングに参加できなくなり、セキュリティを高めることができます。

PIN 設定に関する詳細は、こちらのヘルプ記事をご参照ください。

 

スクリーンシェア

Dialpad Meetings のスクリーンシェアではその通信経路、保存時において開始から終了時まで暗号化されます。そのため共有された情報はたとえミーティングURLを介して閲覧している人以外アクセスすることはできません。

ミーティングにふさわしくないと思われる参加者がいる場合、主催者はその参加者を明示的に退出させることができます。

スクリーンシェア終了後は参加者からは利用できなくなり、保存もしくは Dialpad Meetings 以外からのアクセスもできなくなります。

この記事は役に立ちましたか?

/