Dialpad Meetings スクリーンシェア・トラブルシューティング

スクリーンシェアが動作しない場合、以下一般的なトラブルシューティングを実行ください。

 

ファイアーウォール

コンピューターからの接続時にスクリーンシェアに失敗する場合、接続するネットワークにてファイアーウォールが動作を妨げていないかを確認します。Dialpad Meetings や WebRTC のネットワーク接続を許可するように、インターネットサービスプロバイダーもしくは会社の IT 部門とご確認頂く必要があるかもしれません。

WebRTC はブラウザとコンピュータの接続を許可するテクノロジーです。


ブラウザのキャッシュをクリア

スクリーンシェアはグラフィック重視でプロセスします。古いプロセッサーではメモリをクリアにしてスペースを設ける必要があります。

Google Chromeにて、[設定] > [詳細設定] > [閲覧履歴データを消去する] > [キャッシュされた画像とファイル] と [Cookie と他のサイト データ]にチェックを入れ、データを消去します。


ブラウザ閉じる・強制終了

ブラウザを閉じる場合、バックグラウンドで起動したままになっている場合があります。Windows PCの CTL+ALT+DEL を、Mac では Quit+Function を同時に押してブラウザを強制終了します。  

 

Chrome ブラウザでのみエラーになる

macOS Ventura 利用時に報告があります。これは、Chrome がシステム側の更新を待機する際のバグが原因で、OSバージョンがスクリーンシェアの許可をリセットしてしまうことによります。

以下環境で報告があります。

  • macOS Ventura
  • Google Chrome バージョン 98.0.4758.132, 99.0.4844.74, 100.0.4896.45, 101.0.4929.5, 101.0.4933.0
  • Google Chrome でスクリーンシェアを実行

修正手順

  1. [システム環境] > [セキュリティプライバシー] > [プライバシー] タブ > [画面収録] を選択
  2. 画面左下の [カギアイコン] をクリックしてロックを解除
  3. パスワードを求められたら、Macのログインパスワードを入力
  4. 右のリストにて、Google Chrome がチェックされている場合、のチェックを外す
  5. 確認ポップアップで [あとで] を選択
  6. 上の手順で、Google Chrome に対して外したチェックを再度オンにして有効化する
  7. 確認ポップアップで [終了して再度開く] を選択

本事象に関する詳細:Chromium Bug 13069301307502


サポートに問い合わせ

上の手順で問題が解決しない場合、 サポートまでお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?

/