Dialpad + Intercom 連携

Dialpad + Intercom 連携では、Intercom環境にて音声通話、Dialpad Meetings またメッセージを実行し、営業とサポートチーム間のシームレスな連携を実現します。この新規連携では、IntercomユーザーはDialpad のAI (人工知能) 通話とIntercomのビジネスメッセンジャーを簡単に切り替えてお客様と会話できます。

メッセージと音声通話、Dialpad Meetings 間を簡単に切り替えることができ、エージェントはIntercom でのチャットを音声通話に切り替えて、お客様と引き続き会話を続けることができます。また、Intercom、Dialpad 両方のやりとりは自動的に履歴としてログされます。アプリはDiaplad Dialpad Ai (Ai™) リンクと通話録音をIntercom プライベートチャットログに記録し、Intercomユーザーにのみ表示します。

Intercom 向けに構築された新規Diaplad アプリにより、サポートチームの解決時間を削減、またお客様満足度の増加などパフォーマンスを向上することができます。また Intercom メッセンジャーから音声通話に切り替える連携により、営業チームが重要な取引を迅速にクローズすることを補佐します。 

 

 

利用できるプラン

Dialpad + Intercom 連携は、Intercomアプリマーケットプレイスにてご提供しており、Dialpad Talk, Dialpad Sell, および Dialpad Contact Center の Pro、および Enterprise プランでご利用いただけます。

 

主な機能

シームレスな通話連携

  • Intercom でチャット中に Call Me カードを送信、これにお客様が電話番号を入力することで、即座に発信を開始します。お客様との通話が始まると、Dialpad Everywhere ウィジェットにて、リアルタイムコーチングとともにライブトランスクリプトが自動でスタートし、チャットと音声通話、Dialpad Meetings 間でのシームレスな連携を実現します。

通話ログ

  • 通話は、通話録音へのリンク、Dialpad Ai™ (Ai) 通話サマリートランスクリプトなどとともに直接Intercomチャット履歴にログされます。

場所を問わないコーチング

  • 頻繁な問い合わせ内容への回答に対して、事前に用意したリアルタイムアシストカードや詳細情報へのハイパーリンクなどを表示し、エージェントの正しい応対を補佐します。 

設定手順

DialpadとIntercomeの接続

管理者が Intercom app store からインストール後、Dialpadアプリはこの Intercom 環境の全ユーザでご利用いただけます。

使用前にユーザーは、Intercom 受信ボックスで Dialpad 認証をしてください。

  • いずれかのチャットウィンドウで、Dialpadアイコンをクリックしてログインする
  • [許可] をクリックして、Diaplad と Inercomの連携を許可します。続けてIntercom 受信ボックスで [Reload] をクリックして連携を完了する  

intercom-setup-1.png 

電話カードを送信

  • Intercom エージェントビューで、Dialpad アイコンをクリックする
  • エージェントが複数のコンタクトセンターやグループに所属する場合、発信元のグループを選択する
  • 発信元グループを選択後、Dialpad 電話カードがChatに入力される
  • [Send] を押して、お客様へカードを送る
intercom-sending-phone-card.png

 

発信の開始 (お客様側の動作)

お客様は、Intercom チャットでコールバックカードを受け取ります。連絡先電話番号を入力してコールをリクエストすると、Dialpad はエージェントのすべてのデバイスを鳴動します。

  • エージェントは、お客様宛への発信が開始する前に、この着信に応答してください。

なお、コールバックリクエストは2分後に無効となります。

intercom-callback.png

 

通話後の表示

  • 通話が終了すると、通話の開始時間、終了時間、通話時間などをログします。
  • Dialpad Ai が有効な場合、Dialpad Ai サマリーへのリンクを含めてログします。
intercom-post-call-view.png

この記事は役に立ちましたか?

/