Dialpad + Microsoft Teams 連携 (日本未対応)

Dialpad Microsoft Teams 連携では、MS Teamsの画面内でDialpad 機能をご利用いただき、Dialpad の電話番号にて通話の発着信を実行します。本連携では、MS Teams コミュニケーションスイートに高品質で信頼性の高い通話サービスをご提供します。

MS Teams でのオペレーションや通話手順などに変更はないまま、発着信の通話がDialpadシステムにて実行されます。さらに、Dialpadの各機能にはDialpadアプリ上からアクセスいただくことができます。

この記事では、Dialpad MSTeams 連携の設定時に起こりうる事象に対してお答えいたします。

ユーザー連携の事象原因と対応:

  1. Dialpad にユーザーのメールアドレスが登録されていない。
    • ユーザーはメールアドレスを一意の情報として、Microsoft Teams と連携されます。このため、Dialpad ユーザーにメールアドレス登録が必要です。
  2. Dialpad にユーザーの電話番号登録されていない。
    • Microsoft Teams と連携するには、Dialpad ユーザーに電話番号を割り当ててください。
  3. Microsoft Teams にユーザーが登録されていない。
    • Dialpadはユーザーのメールアドレスを一意のデータとして連携を実行するため、 Microsoft Teams に一致するメールアドレス登録がない場合、同期は失敗します。
  4. ユーザーに必要なMicrosoft ライセンスがない、あるいは無効ライセンスが割り当てられている。
    • ユーザーの電話番号フィールドの編集は、相応のライセンス (電話システム) が必要で、権限不十分なライセンス (いずれの通話プランも不可) は無効です。詳細は、以下ライセンス要件のセクションをご参照ください。
  5. 管理者権限設定がないため、Microsoft Teams に接続できない。
    • Microsoft Teams アカウントへの接続は、弊社へ管理者アカウント (例:dialpad-msteams-admin@<your_company_domain>) のご連絡が必要です。すでにご連絡いただいている場合、弊社側でのアカウント設定が原因の場合があります。この場合は、サポートまでお問い合わせください。
  6. ユーザー同期に必要な [Skype for Business Administrator] および [Teams Administrator] ロールが管理者アカウントに付与されていない。
    • 管理者アカウントへ上記ロールを割り当て、Microsoft Teams でユーザー更新を実行する権限を付与します。
  7. 一時的な接続エラーによりユーザー同期が失敗する。
    • 弊社サーバーがMicrosoft Teamsアカウントへ接続できない原因は様々です。一時的な接続エラーの場合にはリトライにより解消します。
  8. 上記以外の不明な理由により、ユーザー同期が失敗する。
    •  内部エラーや未知の事象が考えられます。リトライで解消しない場合、サポートへお問い合わせください。

Microsoftライセンス要件:

連携には、Microsoft Teamsライセンスに電話システム機能が含まれている必要があります。Microsoft 365 Enterprise ライセンス (E1/E3) に電話システムアドオン追加、Microsoft 365 Businessプラン with Business Voice、あるいはMicrosoft/365 (E5/Business Voice 機能あり) など。

さらに、ユーザーはMiscrosoft 通話プランのご利用がないことが必須です。

Microsoft 社の電話システムとプラン詳細は、以下をご参照ください。 

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/teams-add-on-licensing/microsoft-teams-add-on-licensing?tabs=enterprise

Dialpad 管理者アカウント要件: 

  1. 管理者は、dialpad-msteams-admin@<customer_domain_in_dialpad> の形式が必要です。例:御社ドメインが [flightdevices.co] の場合、 dialpad-msteams-admin@flightdevices.co
  2. Skype for Business Administrator と Teams Administrator の2つのロールが割り当てられている必要があります。
  3. ユーザーの位置情報によるログイン制限、また多重認証を設定しないでください。少なくとも、北米からのアクセス許可が必要です。このアカウントは自動化で使用され、ユーザー個人による認証実行はありません。

この記事は役に立ちましたか?

/