メインコンテンツへスキップ

Poly Studio X : トラブルシューティング

このヘルプ記事では、一般的な Poly Studio X のエラーについて、原因とトラブルシューティングをお知らせします。

 

エラー 100 — No Physical Network Detected

Poly デバイスがローカルネットワークでIPアドレスを取得できていないことを意味します。

考えられる原因:

  • イーサーネットケーブルが、デバイスあるいは直近のイーサーネットポートから一部あるいは完全に分断している。
  • DHCP サーバーに接続できていない。 

トラブルシューティング:

  • イーサーネットケーブルを外し、再接続する。
  • イーサーネットケーブルをを取り替える。
  • 社内ITチームとローカルネットワークを確認する。

 

エラー 101 — No IP address

Poly デバイスがローカルネットワークでIPアドレスを取得できていないことを意味します。

考えられる原因:

  • イーサーネットケーブルが、デバイスあるいは直近のイーサーネットポートから一部あるいは完全に分断している。
  • DHCP サーバーに接続できていない。 

トラブルシューティング:

  • イーサーネットケーブルを外し、再接続する。
  • イーサーネットケーブルをを取り替える。
  • 社内ITチームとローカルネットワークを確認する。

 

エラー102 — Failure in DNS lookup

本エラーは、Polyデバイスがドメインサービス (DNS) へ到達できない、あるいはDNSの応答に遅延

考えられる原因:

  • デバイスのLAN接続がインターネットに接続していない。
  • ローカル、あるいはリモートDNSの応答にサーバーが接続不可。

トラブルシューティング:

  • 社内ネットワークIT担当者にご相談ください。

エラー 103 — Cannot reach service

Polyデバイスはネットワーク接続しておりサーバー取得情報があるが、サーバーに正しくアクセスしていない、あるいはサーバーからリクエスト応答を受信していない状況を意味します。

考えられる原因:

  • ファイアウォールルールにより弊社サービスへのアクセスがブロックされている。

トラブルシューティング:

  • ネットワーク要件記事を確認し、利用するネットワークのファイアウォールで、必要なドメイン、ポート、プロトコルが追加、許可されていることを確認する。

 

エラー 104 — Configuration service error

通常、定期メンテナンス中に表示されるエラーです。

考えられる原因:

  • 定期システムメンテナンス
  • サービス不通

トラブルシューティング:

  • ステータスページで、サービスに関するご案内、警告を確認ください。
  • ステータスページに該当がない場合、デバイスのタッチスクリーンからシリアルナンバーをメモしてサポートへお問い合わせください。

 

エラー 105 — Cannot Reach Service

考えられる原因:

  • 定期システムメンテナンス
  • サービス不通

エラー 106 — Problem loading service

考えられる原因:

  • 定期システムメンテナンス
  • サービス不通

トラブルシューティング:

  • ステータスページで、サービスに関するご案内、警告を確認ください。
  • ステータスページに該当がない場合、デバイスのタッチスクリーンからシリアルナンバーをメモしてサポートへお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?

/