Voice Intelligence トランスクリプションの正確度を高めるために(日本未対応)

 

Voice Intelligence は通話中にリアルタイムでトランスクライブします。トランスクリプションの正確度の問題を経験したことがある場合、Dialpad のモデルにスピーチを正確に認識させるためには少し工夫が要ることを考慮すると良いかもしれません。

様々な要因がトランスクリプションの正確度に影響します。まず信頼性の高い機器は必要です。通話に適したマイクを使用して、電波の強いインターネット接続環境で Dialpad を起動するようにしてください。どこでどのように話をするかがトランスクリプションの正確度に影響を及ぼすことを忘れないでください。コミュニケーションに最適な環境は Voice Intelligence のトランスクリプションを劇的に改善することがあります。

以下では Voice Intelligence トランスクリプション を改善するために何ができるか紹介します。

マイク

高品質なマイクを使用することから初めてください。ラップトップパソコンは小さなビルトインマイクロフォンに依存しており、音質が制限され、顔から離れたバックグラウンドノイズを簡単に拾います。

外部マイクロフォン(USB ポート接続型やスタンドアロンヘッドセット)を使い直接マイクに向かって話すことでバックグラウンドノイズを減らすことができます。

スピーキング

大きな声ではっきりと話しましょう。小声でボソボソした話し声では、 Voice Intelligence が何を話しているのかを正確に検知できなくなる可能性があります。

ヘッドセットマイクの場合は 2.5cm〜7.6cm の距離で、ヘッドセット以外の外付けマイクの場合は15cm〜30cm の距離でマイクに直接話してください。

Dialpad のテクノロジーは会話音声に最適化されているため、長時間話す際はブレイクを入れたり、モノローグは(可能なら)避けるようにしてください。

環境

静かな環境で通話を実施し、エコーを発生させるような場所での通話は避けてください。ノイズをシャットアウトできる小さな部屋などでは Voice Intelligence による認識の精度が上がります。

インターネット接続

インターネット接続が弱いとオーディオが途切れ途切れになります。可能なら Ethernet ケーブルで有線接続あるいは 5GHz 帯域でワイヤレス接続が強く安定していることを確認してください。

Vi 設定

社内や業界特有の単語やフレーズはカンパニーディクショナリに登録しておくと良いかもしれません。これにより Voice Intelligence は専門用語をより正確に認識できるようになります。

この記事は役に立ちましたか?

/