ローカルプレゼンス (日本未対応)

ローカルプレゼンス機能のご購入

Dialpad.com より、管理者設定 > オフィス > オフィス設定 > ローカルプレゼンス を開きます。

ご購入バンドルは、以下より選択ください。

  • Top 100 メトロ地域:米国人口の80%をカバー
  • 個別電話番号:業務に特化した番号を選択
  • フルパッケージ: 米国人口の98%をカバー

dp-purchase-local-presence.png

ご購入バンドルを選択し、画面にしたがい購入を完了して、アカウントにローカルプレゼンス機能を追加します。

dp-local-presence-coverage-areas.png

Top 100 メトロ地域バンドルでは、[対象エリアを表示] より対象市外局番を確認できます。

dp-local-presence-coverage-area.png

ご購入完了後、ローカルプレゼンス対象地域が管理者画面に表示されます。また個別番号を追加購入いただくこともできます。

コールセンターにローカルプレゼンスを有効化する

dp-local-presence-call-center-caller-id.png

Dialpad.com より、[管理者設定] > [コールセンター] > [詳細設定] > [通話設定]を開きます。

[コールセンター発信者番号] ドロップダウンメニューから [ローカルプレゼンス] を選択します。この設定には、コールセンターに1つ以上の番号が割り振られている必要があります。

Screen_Shot_2021-12-13_at_11.18.38_AM.png

If you want the agent to be able to choose whether they make an outbound call based on the call center's main DID or utilize local presence, click on the Allow agents to toggle local presence on and off checkbox (see above image).

ローカルプレゼンスを発信元に設定する

dp-local-presence-choose-call-center-number.png

Dialpad アプリで、[電話] ボタンをクリックして、発信元に利用するコールセンター名を設定します。

発信元として、コールセンターの電話番号を設定する必要はありません。管理者設定にて発信者 ID をローカルプレゼンスに設定したコールセンターでは、コールセンターのすべての電話番号からの発信時に自動的にローカルプレゼンス機能が実行されます。

dp-local-presence-caller-id-active-call.png

ローカルプレゼンスでは、ご購入バンドル内から最適の番号を使用します。通話が開始すると、ローカルプレゼンスが使用する番号を示すラベルが表示されます。

ローカルプレゼンスが使用する番号が、通話先、あるいは隣接する市外局番と同じ場合には、上図のようにコールセンターに割り当て済みの番号で発信します。

エージェントにローカルプレゼンスのオンオフを許可している場合、[Your caller ID displays as…] オプションで [Change] をクリックして発信元を変更できます。

Screen_Shot_2021-12-13_at_11.22.31_AM.png

Screen_Shot_2021-12-13_at_11.22.39_AM.png

エージェントは、発信後通話画面で選択した発信者番号を確認できます。

コーチングチームでローカルプレゼンスを使用する

image.png

ローカルプレゼンスは、コールセンターのコーチングチームにも適用できます。Dialpad.com より、[管理者設定] > [コーチングチーム] を開きます。スクロールして [ローカルプレゼンス] を開き、ローカルプレゼンスを有効にします。

[Allow members of the Coaching Team to toggle local presence on and off] オプションを有効にすると、トレイニー自身が、発信時にローカルプレゼンス、あるいは個人番号で発信するかの選択ができるようになります。

トレイニーに、ローカルプレゼンスに代えて個人番号から発信させることで、顧客は発信番号からトレイニー個人を認識し、トレイニーと顧客の関係構築を高める効果があります。

トレイニーとしてローカルプレゼンスを使用する

トレイニーは、Dialpad アプリより発信画面で[新規通話 from:]にて発信する電話番号を指定します。管理者がトレイニーに対してローカルプレゼンスオプションの無効化を許可していない場合には、自動でローカルプレゼンスで発信されます。[Toggle Local Presence on and off]オプションが有効の場合のみ、[表示する発信者番号は]> [変更] プルダウンから発信者番号を選択できます。

Screen_Shot_2021-12-13_at_11.28.16_AM.png

Diaplad アプリ上部の検索フィールド、あるいはアプリ左サイドバーの [最近のやりとり] から連絡先に発信する場合は、右上の [通話を開始] ドロップダウンより、発信番号を選択します。

Search_from_DID.png

FAQs

相手の折り返し電話はどのように実行されますか? 

発信した相手が、ローカルプレゼンスの番号に折り返した場合、コールセンターに着信します。Dialpad ははじめに元の発信を実行したエージェントへのルーティングを試み、その後ルーティング設定にしたがって対応します。

コーチングチームでは、発信した相手がローカルプレゼンスの番号に折り返した場合、エージェントのボイスメールに送られます。エージェント発信ではないローカルプレゼンスの番号に折り返した場合、通話は代表番号のボイスメールに送られます。

購入したバンドル対象範囲外の市外局番への発信はどのように実行されますか?

ご購入バンドルの対象範囲外への発信については、LATA (Local Access and Transport Area) を元に、バンドル範囲から隣接する市外局番を検知して通話を試みます。検知は発信時に自動で実行され、適切な局番がない場合は、コールセンターの番号をデフォルトとして使用します。

「このエリアに番号を割り当てることができません。」との表示にどのように対応しますか?

市外局番固有の番号が不足する場合があります。サポートチームに連絡して、ご用件に応じた追加番号をお問い合わせください。

大都市圏など市外局番が重複しているエリアに電話をかけた場合はどうなりますか?

ローカルプレゼンスは、ご購入のバンドルから市外局番を自動選択するため、発信した番号と必ずしも一致しません。例として、市外局番 646 でマンハッタンへ発信した場合に、212 を使用して発信されることがあります。

通話ログの "Dynamic Caller" の意味はなんですか?

ローカルプレゼンスの番号へ折り返された着信は、通話ログで "Dynamic Caller" がラベル付けされます。発信については、コールセンターからの発信として通常通り表記されます。

ローカルプレゼンスの番号にテキストメッセージを送信できますか?

SMSは、ローカルプレゼンスの番号には送信されません。

この記事は役に立ちましたか?

/