削除されたユーザーの通話集計

ユーザー削除後、アナリティクスでどのように表示されるかについては、以下の例をご参照ください。

 

アナリティクス

オフィス

__________2021-03-24_15.12.54.png

オフィスでフィルターすると、アナリティクスチャートやリーダーボードの通話数は削除されたユーザーの通話もカウントされますので、削除前と後では数値に変化はありません。ユーザー名は [削除されたユーザ] に置き換わって表示されます。

リーダーボード (上図) では、削除されたユーザーの統計も維持されます。

グループ・コールセンター・コーチングチーム 

unnamed__1_.png

グループ、コールセンター、コーチングチームでフィルターした場合、アナリティクスチャート (上図) は削除されたユーザーの通話もカウントされますので、削除前と後では数値に変化はありません。

削除前はリーダーボードには2人のユーザーが表示されていますが、

unnamed__2_.png

削除後は削除されたユーザー名とプロフィールは上書きされますが、数値に変化はありません。

unnamed__3_.png

通話履歴

ユーザー削除後、ユーザー名は [削除されたユーザー] に変更されますが、通話履歴、通話レコーディング、通話トランスクリプトはデータの匿名化が実行されるまでシステムに維持されます。データの匿名化は、データ保持ポリシーで指定したデータ種類の設定にしたがい実行されます。詳細は、データ保持ポリシーをご参照ください。

匿名化前は、削除ユーザーの発着信は通話履歴画面に維持されます。ユーザー名プロフィール画像は削除されます。

通話履歴にて、削除ユーザーの通話はフィルタリングの対象外となります。アナリティクスページ下部の [リーダーボード] では削除ユーザー名をクリックすると、この削除ユーザーの通話が一覧できます。

unnamed__4_.png

 

unnamed__6_.png

データ保持ポリシーで指定の期間後は、これらの表示からも削除されます。

unnamed__5_.png

例:

ユーザー削除前:通話履歴ページにて、コールセンターで応答したエージェント通話が表示されます。

unnamed__7_.png

ユーザー削除後:データ保持ポリシー期間の経過前は [削除されたユーザー] 名で表示が維持されます。

unnamed__8_.png

エージェント削除し、さらにデータ保持ポリシー期間をすぎると、上記の表示から削除されます。

アプリ

コールセンター、グループ、コーチンググループでは、[すべて] と [レコーディング] タブに削除されたユーザーの通話履歴が残りますが、名前は「削除されたユーザー」と表示されます。自動通話録音は削除されず、再生可能です。ただしVi 通話サマリーやトランスクリプションは無効になります。

__________2021-03-24_14.18.34.png

エクスポート

削除ユーザーのユーザー名とメールアドレスは空欄になります。通話履歴と集計は維持されます。

unnamed__9_.png

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?

/