Dialpad + Slack 連携

 

仕事生産性ツールをひとつに集約 - Dialpad + Slack で Slack から離れることなくグループやコールセンターの活動が通知されます。

連携を有効にする 

オフィス全体で連携を有効にするには、次のステップで行います: 

  1. [オフィス] > [インテグレーション] を開きます
  2. Slack の [オプション] をクリックしてドロップダウンリストから [接続] を選択
  3. Slack のページに遷移したら [許可する] をクリックします 
  4. Slack と Dialpad の連携が認証されます

DP_Slack_Office_Connect.gif

 

Note:

オフィスが複数ある場合、カンパニー全体でSlack連携を有効にするには、dialpad.com > [カンパニー] > [インテグレーション] から Slack を有効にします。  

 

これで連携は有効になりました。次のステップでは、連携するログの項目を設定します。

連携項目を設定する

着信やボイスメールなどの活動履歴を自動的に連携するには、連携するそれぞれのオフィス代表番号、グループまたはコールセンターに対して連携するログの項目を設定します。

 

代表番号の設定

  1. [オフィス] > [代表番号] > [インテグレーション] を開きます
  2. Slack の [オプション] をクリックしてドロップダウンリストから [設定] を選択
  3. 画面右側のパネルで [通話を記録]の中から Slack で連携したい項目にチェックを入れます
  4. [アクティビティの送信先] で連携する Slack チャンネルを選択します

DP_Slack_Office_Configure.gif

グループの設定

  1. [グループ] > [インテグレーション] を開きます
  2. Slack の [オプション] をクリックしてドロップダウンリストから [設定] を選択
  3. 画面右側のパネルで [通話を記録]の中から Slack で連携したい項目にチェックを入れます
  4. [アクティビティの送信先] で連携する Slack チャンネルを選択します

DP_Slack_dept_Configure.gif

コールセンターに対しても同様に個別の設定をします。

Dialpad からの通知

次の状況の際にプッシュ通知を受け取る設定ができます:

  • 通話を開始したとき
  • 通話を終了したとき (バナーではなくスレッド上に通知されます)
  • 不在着信のとき (フォールバックオプションでボイスメール以外を選択している場合)
  • ボイスメールが残されたとき
  • 発信をキャンセルしたとき
  • ボイスメールのトランスクリプションが残されたとき
  • テキストメッセージを受信したとき(SMS は米国およびカナダのみ)

コールセンターアラートをSlackに送信するように設定している場合は、次のアラートのプッシュ通知を受け取ります:

  • サービスレベルを下回ったとき
  • 勤務中のエージェントがいないとき
  • エージェントが勤務外になったとき
  • コールキューが上限に達したとき

通話終了時にはバナー通知は表示されません。通話終了時は、通話スレッドとアプリアイコン上に赤い点で表示されます。

 

slack_2.png

FAQs

連携設定は、Slack 管理者が実行する必要がありますか?

いいえ。Dialpad 管理者が、オフィスとグループまたはコールセンターの連携を有効にします。

コールセンターまたはグループのすべての通話はログされますか?

社内の Dialpad ユーザー同志の通話はログされません。ログが残るのは社外の発着信の通話のみです。

Slack からクリックコールで電話をかけることができますか?

できます! Slack に表示されている電話番号をクリックすると Dialpad アプリが起動して発信します。

Slack モバイルアプリにも通知が表示されますか?

はい。

連携機能に追加料金は発生しますか?それとも既存のプランに含まれていますか?

追加料金なしで既存のプランに機能が追加されています。

プライベートチャネルにもコールログを残せますか?

できません。オフィスとグループまたはコールセンターをパブリックチャネルに接続します。 

Dialpad 個人番号の通話履歴を連携できますか?

現時点ではできません。Dialpad の連携はグループまたはコールセンターのみ有効です。

 

この記事は役に立ちましたか?

/