オフィスとグループの Voice Intelligence を有効にする (日本未対応)

 

Voice Intelligence (Vi) をカンパニー、オフィス、共有ラインで有効にすると、チームメンバーはライブトランスクリプション、アクションアイテム、モーメントや検索可能な通話サマリーへアクセスできます。

Vi は、カンパニーレベルならびにオフィスレベルで有効になっている必要があります。また、個人番号、オフィス代表番号、グループ、コールセンター、コーチンググループのそれぞれに対して個別に Vi 設定ができます。

この記事ではカンパニー、オフィス、グループ番号の Vi 設定方法をご紹介します。

カンパニー全体で Vi を有効にする

カンパニー全体で Voice Intelligence を有効にするには、次の手順で行います。

  1. Dialpad.com にログイン
  2. [管理者設定] > [カンパニー] > [カンパニー設定]
  3. [Voice Intelligence] のトグルをオン

Screen_Shot_2022-05-12_at_12.04.52_PM.png

管理者画面より、[管理者設定] > 左上でカンパニーを選択し、左メイン画面より [Voice Intelligence] を有効化します。

カンパニー全体で Vi を有効にすると、カンパニー配下のすべてのオフィスで Voice Intelligence のオプションが表示されます。 

オフィスの Viを有効にする

カンパニーの Vi を有効にしたら、オフィスのすべてのメンバーに対して、個人番号の通話に Voice Intelligence を許可します:

  1. Dialpad.com にログイン
  2. [管理者設定] > [オフィス] > [オフィス設定] > [オフィス全体設定]
  3. [Voice Intelligence] の項目にチェックを入れる

__________2019-10-09_15.10.33.png

管理者画面より、[管理者設定] > 左上のプルダウンメニューで、Vi を有効化するオフィスを選択します。

[オフィス全体設定] 配下にて [Voice Intelligence] を有効化します。

オフィスで有効化すると、オフィスのユーザーには通話中に Vi を有効化するオプションが表示されます。ユーザーには自動で有効化されません。

 

共有番号で Vi を有効にする

代表番号、グループ、コールセンター、コーチングチームで Voice Intelligence を有効にするには、以下の手順で行います。

  1. Dialpad.com にログイン
  2. 有効にしたい代表番号、グループ、コールセンター、コーチングチームを選択
  3. [Voice Intelligence] を選択

以下オプション設定詳細:

  • [Vi を自動で開始] にチェックを入れると、通話と同時に Vi が起動します
  • [通話中に各ユーザーが Vi を開始・停止できるよう許可] にチェックを入れると、ユーザー各自が自分の通話中に自主的に Vi を停止したり再開できます。
  • [通話やカンファレンスの開始時リアルタイムトランスクリプトを表示] にチェックをいれると、すべての通話でライブトランスクリプトが表示されます。チェックを入れない場合でも、オペレーターやエージェントは手動でライブトランスクリプトを表示させることができます。

__________2020-07-01_16.07.49.png

共有番号の通話中に Vi を停止する 

disablevioncall.gif

各々のユーザーは、個人番号の通話およびグループ番号の通話中に、Voice Intelligence を自主的に停止できます。

デスクトップアプリまたはモバイルアプリの通話中画面で [Voice Intelligence] をクリックすると、Vi が停止してグレイアウトします。もう一度クリックすると Vi が再開します。

オペレーターは通話が Vi によってトランスクリプションされていることを相手に告げる必要があるかもしれません。

この記事は役に立ちましたか?

/