Dialpad + ServiceNow 連携(日本未対応)



ServiceNow 連携は、 Pro と Enterprise プランでご利用いただけます。

ServiceNow IT Service Management (ITSM) は、サービスマネジメントプロセスを自動化する一方で、多岐にわたるツールとシステムの整理に役立ちます。ServiceNow と Dialpadを連携することで、一つのプラットフォームでエージェントが通話に応対しながらも、インシデントのアップデート、作成、閲覧ならびにレポートの変更を実現します。

連携を接続

ServiceNow と Dialpadは、Dialpad アプリから接続できます。右のサイドバーを開き、ServiceNowと接続できます (他の連携同じ要領です - SalesforceG SuiteOffice 365)。 

ServiceNow へログインして接続を許可します。

__________2018-04-03_14.05.43.png 

Dialpadでカスタマーレコードとマッチ

連携が完了後、Dialpadでは既存のレコードとコンタクトをマッチさせます。未登録の場合、Dialpadの情報に基づいて新規レコードを作成できます。

複数マッチする場合、正しいコンタクトを選択して同期させます。

Dialpadからチケットを作成

インシデント作成やレポートの変更時、ServiceNowに切り替える必要はありません。新規チケットが自動的に通話中の通話から作成されます。

Dialpadアプリから、ブランド、インパクトレベルを選択しチケットの詳細を入力します。

チケットが作成されると、[未解決チケット]と[すべてのチケット]が表示されます。[全て表示]をクリックするとServiceNowポータルが起動します。 

Screen_Shot_2018-02-04_at_11.12.45_AM.png 

Tips: Androidでこの機能をご利用いただけます。ご利用いただくには、サポートまでご連絡ください。

管理者がこの機能を有効にしている場合、全着信が自動的にServiceNowに記録されます (ボイスメールおよび通話録音を含ます。

link.png