ServiceNow と Dialpad 連携

ServiceNow 連携は、現在ProとEnterpriseプランのみでご利用いただけます。管理者であれば、ServiceNow ストアからDialpadアプリをダウンロードできます。

IT 管理がどこからでもできるように、この連携ではエージェントが次のことをできるようになります:

  • ServiceNow上に新規チケットの自動ログやボイスメール・録音を添付
  • Dialpad上のカスタマーを既存のServiceNow上のレコードと接続
  • 直接Dialpadから新規インシデントの作成とレポートを変更
  • 未解決ならびに解決済チケットへアクセス・閲覧

チーム全体でServiceNowと連携する手順をご紹介します。

Dialpad アプリをServiceNowからダウンロード

ServiceNow 連携を追加するには、Dialpadアプリを ServiceNow ストアからインストールする必要があります。

Screen_Shot_2018-02-04_at_10.34.18_AM.png

インストール完了後、 Dialpad 管理者ポータルが開きますので、そこで設定と連携を有効にできます。 

ServiceNow 連携を有効化 (単一オフィスの場合)

ServiceNow 連携を単一オフィスに追加するには次の手順です:

  1. [管理者設定] > [オフィス] > [インテグレーション]を開きます
  2. [ServiceNow]の右方向の[オプション]ドロップダウンメニューから[有効にする]を選択します

[ServiceNowを設定]画面が表示されますので[保存]を押下します。

ServiceNow 連携を有効化 (複数オフィスの場合)

 

カンパニーに複数オフィスが混在する場合、Zendesk連携を追加するには、次の手順を参照します:

  1. [管理者設定] > [カンパニー設定] > [インテグレーション]
  2. [ServiceNow]の右方向の[オプション]ドロップダウンメニューから[有効にする]を選択します

[ServiceNowを設定]画面が表示されますので[保存]を押下します。

カンパニーに対して連携を有効にした後、どのオフィスに対して有効にするかを選択します。ドロップダウンメニューから、[アクセスを編集]を選択します。

Screen_Shot_2018-02-04_at_10.42.34_AM.png

ユーザーに対してServiceNowを有効化

特定もしくは複数オフィスに対して連携を追加後、どのユーザーにアクセスを許可するのか次の手順で選択します。:

  1. [管理者設定] > [オフィス] > [インテグレーション] を開きます
  2. [ServiceNow]の横の[アクセスを編集]を選択します

Screen_Shot_2018-02-04_at_10.44.36_AM.png

ここで有効後、ユーザー側でServiceNow 連携がコンタクトのサイドバーに表示されるようになります。

通話のログ

着信時に自動的にチケットを作成するには、自動通話ログが有効になっている必要があります。カンパニー、オフィス、グループ、またはコールセンターレベルで通話ログを有効にできます。

各グループ(代表番号、コールセンター)の[詳細設定]を開きます。

__________2018-04-03_15.56.17.png