モバイルの設定

WiFi、パケット、 通話課金

モバイルアプリから通話する場合、どのような課金体系になっているのかわからない場合があります:WiFi環境にいる場合、パケットを使うのかもしくは通話料金がかかるのか?WiFiでの通話とパケット利用は何が違うのか?オフィス、家にいるとき、カフェにいる時に一番よい設定は?

WiFi

HD通話をオンにしている場合(かつ安定したWiFi環境を利用可能な場合)、インターネット経由でDialpadでの通話が可能となります。あたなのキャリアへの課金は発生しません。またパケットも通話料金も発生しません。

WiFiを使っているのかどうかを知るには?

安定したWiFi環境(オフィスなど)にいる限り、HD通話をオンにしてWiFi経由で通話することが可能です。

例えばWiFiがないカフェなどにいる場合、HD通話をオンにしているとご自分のパケットを利用して通話することになります。

自身のパケットを利用したくない場合、オフィスを出る際にHD通話をオフもしくは発信時に毎回選択にすることも可能です。

パケット通信

パケット通信は、キャリアの基地局を利用して通話する仕組みです。パケット通信を利用する場合、WiFi環境と同じアクセス環境となります。両者の違いはWiFi利用時にはデータ利用料を気にする必要がないという点です。

HD通話をオンにしている場合、モバイルの上部に4G/LTEもしくは3Gといった表示がされパケット通信を利用して通話していることがわかります。WiFiとLTEの両方が利用可能な場合、DialpadはWiFiを優先的に利用します。

通話課金

HD通話をオフにしている場合、キャリアの通話課金が発生します。その際の料金に関してはご契約内容をご確認ください。

HD通話をオフにしている場合の制限などは以下の通り:

  • Dialpadの通話コントール(キャリアではボイスとデータ通信同時に利用不可)
  • キャリアの従量課金が発生 (もし無制限プランを契約していない場合)
  • 高額な国際通話料金
  • データ通信(4G/LTEもしくは3G)のない料金プランをご契約の場合、メッセージの送受信ができません

HD通話をオフにしている場合、キャリアの通話画面が表示されますのでHD通話オフということがわかります。

また、HD通話オフで電話をかけるとキャリアの通話画面にリレー番号が表示されます。

HD通話オンの場合:

HD通話オンの状態かつその際に安定したWiFi環境が利用可能な場合、Dialpadはインターネット経由で発信/着信を試みます。WiFi環境にいない場合、ご契約のキャリアのデータ通信を利用します。

HD通話オフの場合: 

HD通話オフの場合、Dialpadはキャリアのネットワーク経由で発信/着信を試みます。この場合、ご契約のキャリアの課金対象となります。発信の場合リレー番号経由でキャリアの通話画面より通話、着信の場合ご契約のキャリアの番号に転送されます。