ネイティブアプリとChromeアプリ

ネイティブアプリ(MacとWindows)とChromeアプリとの違いは?

  1. コールドスタート
    コールドスタートとはユーザーに通話が着信もしくはメッセージが送られてきた時にアプリケーションが起動する機能です。ネイティブアプリはこれに対応していません。ネイティブアプリだけの機能として、アプリの右上の’X’からアプリを終了する際に「Dialpadを終了しますか?終了すると連絡を受信できなくなります」というメッセージをポップアップ表示します。

  2. エラーレポート
    アプリ上で右クリックするとエラーレポートを送信することができます。ただしメッセージが若干違います。

    Chromeアプリ:Send Error Report
    ネイティブアプリ:Send Error Logs

  3. システムトレイ
    ネイティブアプリがシステムトレイアイコンを表示します。そのアイコン上で右クリックによりいくつかのメニューが表示されアプリを終了することも可能です。

上記以外にもネイティブアプリ特有の機能がいくつかあります。そのような機能がリリースされた際は本ヘルプページにてお知らせいたします。