Salesforce Dialpad 連携

Salesforceとの接続

DialpadからG SuiteOffice 365、もしくはLinkedIn等と同様にSalesforceとも連携することができます。事前に以下の点をご確認ください:

  • 本機能はエンタープライズ版もしくは無制限版が必要です
  • APIへのアクセスを許可
  • Salesforce管理者によりSalesforceでのDialpad連携の有効化を実施

他のSalesforce 連携について詳しくは Classic および Lightningをご参照ください。

Salesforceへの接続:

  • デスクトップアプリの連絡先のプロフィールを下へスクロール
  • [Salesforceへ接続]をクリック
  • Salesforceへログイン

Ja_Salesforce_-_Log_In_Window.png

ログイン完了すると、表示している連絡先に関連する候補が左のサイドバーに表示されます。

複数の情報がマッチした場合:

  • メッセージ[X件のSalesforceと一致]をクリック
  • 正しい連絡先を選択
  • 選択された連絡先情報と同期されます

sf_jpn_1.png

 

関連付けが完了すると以下のような情報が表示されます:

  • Salesforceレコード情報
  • Contactを表示(Salesforce内で表示)
  • 活動メモ
  • 次のステップ
  • 過去の活動

__________2017-11-27_15.21.57.png

Salesforceレコード

以下の情報が表示されます:

    • 名前とタイトル
    • レコードオーナー
    • 商談ステータス(該当がある場合)

Tips: iOSAndroidでもSalesforce連携をご利用いただけます。

アクティビティログ 

Dialpadから直接Salesforceアクティビティログを入力することができます。アクティビティログをクリックし、[件名]や[メモ]を通話中や通話後に残すことが可能です。

iOS または Android デバイスで活動メモを残せます。

活動メモを残す

以下の2通りの方法があります:

  • 連絡先を表示
  • 電話をする前に[活動メモ]をクリック

もしくは

  • 連絡先を表示
  • 電話をかける
  • 電話を切った後に[活動メモ]をクリック

sfdc_jpn_4.gif

過去の活動に活動メモを残す

手順は以下の通り:

  • 連絡先を表示
  • 電話をかける
  • 通話中に[活動メモ]をクリック
  • 活動メモを保存した後、電話を切ります

Tips: 他の連絡先に移るまで、現在通話中の情報に件名/メモを入力することができます。

通話記録

Dialpadにて正しいSalesforce内の連絡先が指定されている場合、Dialpadでのすべての通話はSalesforceに記録されます。

アクティビティはデフォルトで[Dialpad Call]というタイトルでその他基本情報(通話時間、タイプ)と一緒に記録されます。タイプについては現在記録しません。

Tips: Dialpadで個人通話を手動録音すると、Salesforceの紐ついている記録にログが自動的に残ります。
(グループ、代表番号、コールキューの全通話録音を除きます)

過去の活動

過去の活動には以下の完了したタスク情報が含まれます:

  • 任命先: Dialpad内で通話したユーザー
  • 件名: Dialpad Call、inbound/outbound、通話時間
  • 通話種別: 通話方向(発信、受信)
  • 通話時間: 通話した時間(秒)
  • 期日:通話の日付

Salesforce Dialpad連携について詳しくは、FAQをご参照ください。