利用ネットワークの調整

ポートの開放

ネットワーク環境で使用するDialpadクライアントの種類 (ナイティブアプリ、デスクフォン、モバイルアプリ) により、開放するポートを調整する必要があります。一般的には、Dialpadクライアントでは以下についてサーバーに接続する必要があります:

  • サーバーへの登録
  • 通話を確立するためのSIPメッセージの送受信
  • 音声メディアの送受信
  • データの送受信

ポートの開放

ブラウザおよびネイティブアプリ (Mac or Windows) のため以下のポートを開放してください:

ポート プロトコル 説明
443 TCP 画像、メッセージ、ソーシャルプロファイル機能などを含む製品
HTTPS と WSS プロトコルによる通信
16384-32768 UDP、双方向 メディア(音声とビデオデータ)、音声通信、RTP & SRTP
19301、19302 UDP NATを超えるためのSTUN and TURN 
443 UDP/TCP NATを超えるためのSTUN and TURN

 

Obihai and SIP Phones: 電話のため以下のポートを開放してください:

ポート プロトコル 説明
 80 TCP コールを受信した際のObihaiのLCD上に表示される画像
7060、5060 UDP outbound, TCP コール設定のためのSIPシグナリング
5061 TLS セキュアフォン(TLS利用)
10000 UDP、 双方向 Obihaiのみ。 通話のためのメディア(音声とビデオデータ)とObihiコンフィグレーションサーバーからのコンフィグレーションのダウンロード
16384-32768 UDP、 双方向 メディア(音声とビデオデータ)、音声通信、RTP & SRTP

Tips: 送信ポートを制限している場合、UDP/TCPプロトコルのポート10000-20000が開けているかご確認ください。(※Obihaiのみ)

*送信用UDPを作成するには、ポートを開いておく必要があります。 DialpadはUDPトラフィックを返すためにポートを利用します。

帯域

よい音声品質を確保するには、高速DSL、ケーブル、光ファイバ接続の利用を推奨しています。 音声回線の上り下りの帯域幅を100Kbits/秒 で利用することを想定しています。

この記事は役に立ちましたか?

/