グループ連絡先

グループ連絡先情報の管理は非常に簡単です。新しいグループ連絡先をより簡単に追加できるように設計されています。

グループ連絡先とはどのようなものか説明いたします。

グループ連絡先とは

グループ連絡先

グループ連絡先とは、グループ宛にかかってきた外部の連絡先を連絡先として登録するとグループ連絡先となります。 グループのオペレーターによって、グループ連絡先の登録情報を編集することができます。

自分がグループのオペレーターの場合、ユーザーを検索すると、ユーザーと自分の所属するラベルが付いたユーザーが検索されます。

例) 検索者が 営業部のオペレーターの場合、取引先のtaro@company.com を検索すると結果に以下の2つが表示されます。

taro@company.com

taro@company.com 営業部

[taro@company.com]を選択して電話すると発信元が自分のDialpad番号になりますが、[taro@company.com 営業部]を選択して電話すると発信元が営業部のグループ番号になります。

上記の例では、杉本というユーザーがJAPAN SUPPORT CCとDIALPAD JAPANというグループに所属しています。ユーザーが2つのグループに関連しているというのがわかります。

オペレーターとグループ管理者はユーザーがどのグループと関連しているのかを簡単に判断できます。 

グループ連絡先の管理

連絡先の所有者権限をわかりやすくするため、あらゆる共有連絡先を新規作成する権限を削除しました。これはグループ管理者もしくはグループオペレーターが電話をかけるもしくは受ける場合、グループ連絡先として保存されます。

下の表ではグループ管理者とグループオペレーターがグループ連絡先と既存の共有グループ連絡先で出来ることをまとめたものです。

グループ管理者

権限 グループ連絡先
連絡先の作成 はい、グループとして電話をかける、グループとして電話を受けることができます。
連絡先の削除 はい
連絡先の着信拒否 はい
連絡先の編集(名前、番号、メールアドレスその他) はい
編集履歴 はい

 

グループオペレーター

権限 グループ連絡先
連絡先の作成 はい、グループとして電話をかける、グループとして電話を受けることができます。
連絡先の削除 いいえ
連絡先の着信拒否 いいえ
連絡先の編集(名前、番号、メールアドレスその他) はい
編集履歴 はい