アナリティクス

管理者であれば、オフィス、グループ、個人ユーザーのアナリティクスにアクセスできます。

ここでは、管理者が取得できるデータとそのエクスポート方法についてアナリティクスを詳しくご説明します。 

データをフィルター

管理者であれば、特定のグループや期間に絞ってデータをフィルタリングできます。次のグループについてフィルターできます:

  • オフィス全体
  • 代表番号
  • グループ
  • コールキュー
  • エグゼクティブ

加えて、次の期間に絞ってフィルターできます:

  • 今日
  • 昨日
  • 曜日(例: 日曜日、月曜日、火曜日など)
  • 先週 (例: 日曜日 〜 土曜日)
  • 先月
  • 直近1週間
  • 直近30日間
  • 直近3ヶ月間

このデータはすべての発着信を含んでおり、選択したグループや期間の範囲で表示されます。

Dialpad Tip: アナリティクスは一日一回アップデートされますが、その当日に発生した通話は含まれておりません。

オフィス全体のデータ

フィルターから[このオフィス]を選択すると、一日あたりの通話を閲覧できるだけでなく次も確認できます:

  • 通話傾向
  • 最も使用頻度の多いユーザーの一覧

通話傾向 

オフィス全体でどのくらいの通話を着信・発信したか大まかな情報を得ることができます。これは次の通りです:

  • 社内 対 社外の通話の傾向
  • 不在着信の傾向
  • デバイスの使用傾向(デスクトップ、モバイル、デスクフォン)

JP-Call_habbits.png

最も使用頻度の多いユーザーの一覧

個別のユーザーの使用頻度を確認するには、チーム内の各ユーザーの次の統計が確認できます:

  • 総通話数
  • 総通話時間
  • 平均通話時間(分)
  • 不在着信の総数
  • ボイスメールの総数

JP-Team_members.png

リストの中からユーザーの名前をクリックするとその個人の数値が確認できます。

データをエクスポート(日本未対応)

統計もしくは通話ログをエクスポートするオプションがあります。この2つの違いをご説明します:

統計をエクスポート

ユーザーおよび日付(昨日、一ヶ月など)により集計した通話データをエクスポートできます。最も使用頻度の多いユーザーの詳細な通話データを取得するときになどにご利用いただけます。

通話ログをエクスポート

通話の方向(発信または着信)および日付(昨日、一ヶ月など)により集計した通話データをエクスポートできます。特定の通話の詳細を確認したいときにご利用いただけます。

いずれかのオプションを選択すると管理者に直接データをメールします。そこからcsvファイル形式でダウンロードできます。

アナリティクスへアクセスを許可

[Dialpad.com] > [オフィス] > [チーム]から[アナリティクスへのアクセス権を追加]をドロップダウンメニューから選択します。アナリティクスの閲覧に加えて、非管理者であってもデータをエクスポート(日本未対応)できます。JP-Give_analytics_access.png

もっと詳しく知りたい場合、通話データの数値化の方法やFAQもご参照ください。