iOSアプリ

アプリのダウンロード

iOSアプリのダウンロードはこちらをクリックしてください。もしくはモバイルにてApps Storeから、dialpadで検索してインストールしてください。iOS8以上に対応しています。

Tips: 2017年6月1日付けで、iOS8のサポートが終了しました。iOS8をご利用の場合アプリは今まで通り動作しますが、 今後のアップデートはご利用いただけないためiOS10にアップグレードすることを推奨いたします。

インストール後、最初のアプリ起動時に(Dialpad番号ではなく)ご自分のモバイルの電話番号の入力が求められます。以前に番号を入力した事がある場合、自動的にDialpad側で認識します。 

JPN_1.png

最初だけ番号が入力されると、その番号にDialpadから自動的に電話がかかってきます。電話に出て、メッセージに従い 1 を押してください。また、番号の確認をスキップすることも出来、その場合着信および発信ともインターネット経由の通話になります。

転送先番号

発信者の番号や転送元のDialpad番号を表示するよう選択することで、業務上の通話と個人的な通話とを区別することができます。[Dialpad.com] > [デバイス] > [詳細設定]で確認できます。

__________2017-03-26_16.15.15.png

発信者番号

キャリア経由のDialpad着信の際、誰からかかってきたのかを区別しやすくするため、表示される番号を個人、グループ、エグゼクティブそれぞれで指定することができます。

転送先番号での着信オプション

オプションは以下の2つ:

  • Dialpadからの着信を自分のデバイスのボイスメールに送る
  • Dialpadからの着信を拒否した場合、自分のデバイスのボイスメールに送る

このオプションにチェックを入れた場合、Dialpadから転送された通話だとわかるように "1を押して下さい" というガイダンスが流れます。

Tips: お使いのデバイスの着信鳴動時間を調整することができます。

検索

連絡先だけでなく特定のキーワードやフレーズでも検索ができます:

連絡先の検索

  • 検索のアイコン(虫眼鏡)をタップ、検索フィールドが表示されます
  • フィールドに連絡先の名前もしくは電話番号の一部を入力 
  • 検索結果から名前をタップするとその連絡先との会話スレッドが表示されます

キーワードやフレーズでの検索

  • 検索のアイコン(虫眼鏡)をタップし、検索フィールドが表示されます
  • [履歴]をタップし、キーワードやフレーズを入力
  • 検索結果からキーワードを含んだ結果をタップするとその会話スレッドが表示されます

jpn_2.gif

会話スレッドから以下のようなことができます:

  • メッセージの送信
  • かかってきた人のプロフィールの表示
  • 通話の開始 

電話をかける

+マークをタップし、[新規通話]を選択して発信先の電話番号を入力します。もしくは連絡先をタップし、会話スレッドに行き、右上の電話のアイコンをタップしても電話をかけることができます。jpn_3.png

iOSの電話帳からDialpadで電話をかける方法はこちら

通話中の操作オプション

通話中の操作オプション:

  • ミュート
  • 保留
  • ダイアル
  • スピーカー
  • その他(追加)
  • その他(転送)
  • その他(通話録音を開始)
  • 電話を切る

__________2017-06-06_15.12.01.png

通話中に[最近のやり取り]に戻る場合、画面左上の < をタップします。

転送

iPhone

  • [その他] > [転送]をタップ
  • 検索画面から転送先の名前もしくは番号の一部を入力
  • [そのまま転送][話してから転送][転送TO : ボイスメール]の中から選択

iPad

  • [転送]をタップ
  • 検索画面から転送先の名前もしくは番号の一部を入力
  • [そのまま転送][話してから転送][転送TO : ボイスメール]の中から選択

iOS_WarmTransfer.gif

通話先の追加(3者通話)

  • [その他] > [追加]をタップ
  • 検索画面から転送先の名前もしくは番号の一部を入力
  • 自分と相手に呼び出し音が聞こえます
  • 相手が電話に出ると両通話者のプロフィールが表示されます

Add_caller_JPN.gif

: 追加できるのは自分を含め3者までです。

通話の録音

  • [その他] > [通話録音を開始]をタップ
  • 録音を終了するには[その他] > [通話録音を停止]をタップ

__________2017-06-06_15.17.32.png

iOSデバイスから録音されてた通話を聞くには、[受信トレイ] >[録音された通話]より聞くことができます。録音された通話をダウンロードするにはデスクトップアプリで行ってください。

発信者番号

発信者番号の設定には以下の3つの方法があります。:

  • 会話のスレッドで右上の電話のアイコンを長押しすると発信番号リストが表示され、そこから選択
  • [最近のやり取り]の左上のプロフィールアイコンから[設定] >[発信者番号] より選択
  • [新規通話]をタップし、通話画面上の[From:]のドロップダウンメニューより選択

MobileiCallerIDSetting3pattern.gif

グローバル発信者番号を設定する場合、[Dialpad.com] > [設定] > [プロフィール] に行き、発信者番号を変更します。

グループから発信する場合、グループ番号がデフォルトとなります。

iOS電話アプリでの通話(CallKit)

iOSネイティブ電話アプリでのDialpad番号(CallKit対応以降)での発信、着信について説明します。本機能への対応はiOS10からとなります。

電話をかける

  • iOSのアドレス帳から連絡先を開きます
  • 連絡先から発信ボタンを長押
  • リストからDialpadを選択
  • Dialpadアプリが立ち上がり(HDオンにしている場合)通話することができます

__________2017-06-06_15.47.51.png

以下の点も確認ください:

  • 本機能はネイティブ電話アプリの機能となります
  • 通話の録音データはDialpad側に残ります

電話を受ける

HD通話を受ける場合、端末がロックされている場合とされてない場合で挙動が違います。

端末がロックされた状態で電話がかかってきた場合:

  • iOSロックスクリーンに着信が通知されます
  • [Dialpadオーディオ]と発信者番号が表示されます
  • [スライドで応答]をスライドし通話が可能です
  • Dialpad各種機能(転送、追加、録音など)を利用したい場合、Dialpadアイコンをタップ、端末ロック解除後、Dialpadアプリ通話画面にリダイレクトされます

hd_call_1_JPN.gif

端末がアンロックされた状態で電話がかかってきた場合:

  • iOS端末にて着信します
  • [Dialpadオーディオ]と発信者番号が表示されます
  • 電話に出ると自動的にDialpadアプリ画面が表示されます

hd_call_2_jpn.gif

本機能を利用するにはHDオンにする必要があります。

通話中の着信

既にHD通話している際に2人目の着信があった場合:

  • 2番めの着信を[拒否]
  • 1番目の通話を[終了して(2番めの通話に)応答]

hd_call_3_jpn.png

既にキャリコールで通話している際に、別のHDコールの着信した場合(割り込み通話が対応しているSIMのみ):

  • キャリアコールを終了しHDコールに応答
  • HDコールを拒否
  • キャリアコールを保留しHDコールに応答

__________2017-06-06_16.54.14.png

電話を受ける

iOS 10にアップグレードしていない端末で電話を受ける場合、以下の2つのオプションがあります:

キャリアコール(HDオフ)

  • Dialpadからの着信を通知するバナーが表示されます
  • ネイティブ電話アプリに着信します
  • 応答をタップして電話に出ます

Dialpadのコントロールを利用したい場合、Dialpadアプリに行き通話中の操作オプションをタップします

HDコール (HDオン/VoIP)

  • Dialpadからの着信を通知するバナーが表示されます
  • 通知には発信者の情報が表示されます
  • 通知をタップするとHD通話画面が表示されます
  • 応答をタップして電話に出ます

iOSアプリにより通話が開始されすべての通話中の操作が利用可能となります 

Tips: 通話中でも接続がなくなると通知でお知らせします。

通話の最中でも、HDコールとキャリアコールを切り替えることができます。

通話品質の評価

通話終了後、通話品質の評価するフィードバック画面が表示されます(デスクトップと同様)。

評価が1もしくは2の場合、何が問題だったのかを弊社サポートにフィードバックしていただき、今後の通話品質改善に活用させていただきます。

__________2017-03-26_15.40.14.png 

 

Salesforce アクティビティをログ

デスクトップアプリと同じように、コンタクトのSalesforceのアクティビティの閲覧、記録、複数の候補が表示される場合は、正しいマッチングができるようになりました。

IMG_2133__1_.PNG

着信をブロック

デスクトップと同様に着信をブロックすることができます。

__________2017-03-26_16.32.53.png

プライバシーモード

一時的に電話を受けたくない場合など、[プロフィール] > [プライバシーモード]にてプライバシーモードに切り替えることができます。着信はそのままボイスメールに送られます。

__________2017-03-26_16.36.58.png

受信トレイ

デスクトップ同様、モバイルでも受信トレイで以下のメニューが利用可能です:

  • 新着
  • 通話履歴
  • 不在着信
  • ボイスメール
  • 録音された通話

__________2017-03-26_16.42.24.png

ボイスメールでは以下のオプションが利用可能です:

  • 再生 (スピーカーより)
  • 返信 (会話スレッドより)
  • 折り返し電話をかける
  • 削除

__________2017-03-26_16.47.07.png

コンタクト

コンタクトでは以下のオプションが利用可能です:

  • 頻度順
  • ディレクトリ
  • グループ
  • Dialpad (Dialpadで通話したことのある連絡先)
  • デバイス (iOSデバイスの個人連絡先)

__________2017-03-26_17.11.00.png

連絡先を追加

  • +アイコンをタップし[連絡先を追加]をタップ
  • 連絡先の情報を入力
  • 完了をタップして情報を保存

保存していない番号を新規連絡先として追加することもできます。該当の新規番号のチャット画面を開いて[新規連絡先を作成]または[既存連絡先に追加]を選択します。

__________2017-06-05_15.07.23.png

連絡先のプロフィールを表示

デスクトップアプリ同様、連絡先との情報(G SuiteやOffice365との連携含む)を表示することが可能です。

__________2017-03-26_17.21.53.png

画面上部に表示されている連絡先をタップすることにより、ユーザー情報が表示されます。デスクトップ側でまだG SuiteもしくはOffice365との連携を許可してない場合、それらの情報は表示されません。

Tips: 連絡先に複数の電話番号が登録されている場合、電話番号横の星印を付けることによりデフォルト番号に指定することができます。

アーカイブ

[最近のやり取り]にて連絡先を左にスワイプし、Xをタップすることによりアーカイブすることができます。

MobileiOSArchive.gif

Tips: 右にスワイプすると直接電話をかけることができます。

メッセージの送信

  • 画面右下の青い+をタップし、[新規メッセージ]をタップ
  • 送信先の連絡先名もしくは番号を入力
  • 画面下の[新規メッセージ]フィールドにメッセージを入力し[送信]をタップ
  • イメージもしくはビデオを送る場合は[新規メッセージ]フィールド左横のカメラアイコンをタップ

__________2017-03-30_15.12.52.png

グループメッセージ

複数のユーザーとメッセージで会話することもできます。会話スレッド上の[プロフィールを表示]をタップするとメンバー一覧が表示されます。[+追加]をタップし、メンバーを追加することもできます。

__________2017-03-30_15.14.50.png

各メンバーをタップすると以下の情報が表示されます:

  • プロフィールを表示
  • メッセージを送信
  • 電話をかける
  • 退出させる

メッセージの通知

待受にバナー通知、アプリのアイコンにバッジで通知、アプリ内で通知などでメッセージの着信を知ることができます。

__________2017-03-31_9.40.41.png

未読のメッセージがある場合、名前右横に青のドットが表示されます。

設定

画面左上のプロフィールをタップすることにより、HD通話オンオフや、プライバシーモード、各種通知などが設定できます。

HCMobileiOSSetting.gif

通知受信対象

デフォルトではすべて通知はオンとなっており、個別にオフに設定することもできます。

その他設定

HDコール(β版)にて、着信と発信別々にHDコール(VoIP)もしくはHDオフ(キャリアコール)で通話するかを設定できます。WiFiやキャリアデータ通信などによりインターネットに接続できる環境の場合、より高品質なHDコールを選択することをおすすめします。