コールセンター エージェント(日本未対応)

(日本未対応)

この機能は現在のところ初期検証プログラム(Early Adopter Program) にてご利用いただけますが、必要に応じ将来的に機能変更や調整が見込まれます。

ここでは、コールセンターのエージェント向け、保留キューでお待ちいただいているお客様の応対方法などをご説明します。

通話に応答

特定のコールセンターの着信に応答するには、次について確認します:

  1. プライバシーモードがオフ
  2. [勤務中]になっている

Tips: 勤務中/勤務外の設定は、デスクトップアプリまたはObihaiでご利用いただけます。 Obihaiの場合、[More] > [Call Center Availability]でオンオフを切り替えます。Obihaiは日本未対応です。

コールセンターはグループとは異なり、全オペレーターを同時に呼び出しません。コールセンターは、スーパーバイザーが選択した順番に基づきエージェントを呼び出します:

  • 待機時間の最も長い順
  • ラウンドロビン (現在検討中)
  • 決まった順番で (現在検討中)

エージェントが応対しない場合、発信者は保留キューまたは着信処理に従い応対されます。

__________2017-11-15_10.21.31.png

拒否をクリックしたり着信に応対できない場合、自動的に勤務外に切りかわります。その場合、ポップアップが起動し[勤務外を継続]または[勤務を開始]を選択できます。

__________2017-11-15_10.15.41.png

モニタリング/バージ

通話中、コールセンターのスーパーバイザーであれば、次のオプションがあります:

  • 通話中のコールをモニタリング
  • バージし通話に参加
  • 通話をテイクオーバー (エージェントは通話から切断されます) 

ラップアップタイム

スーパーバイザーがラップアップタイムを設定時、通話の終了後、次の着信を受けるまで一定時間ラップアップタイムが設けられます。

アプリの上部に次の通知が表示されます。[ラップアップタイムを終了]をクリックすると早めにラップアップタイムを終了できます。

__________2017-11-15_10.27.01.png

発信

個人の通話と同様に発信するのですが、[新規通話 FROM:]にてコールセンターの電話番号を発信者番号として選択する必要があります。一度ここで該当の電話番号を選択すると、次回発信者番号を同じ手順で変更しなおすまで、該当の電話番号が発信者番号として設定されます。

Screen_Shot_2017-10-08_at_3.26.28_PM.png

通話を転送

個人の転送と同じように、転送には以下のようなオプションがあります:

コールセンター受信トレイ

コールセンターの受信トレイでは次が表示されます:

  • 保留キュー
  • 新着
  • すべて
  • ボイスメール

保留キューを除き、他のエリアはグループの受信トレイと表示が同じです。

保留キュー

[保留キュー]をクリックすると、保留中の発信者と発信者の待機時間の一覧が表示されます。

Tips: [リフレッシュ]をクリックして最新の情報に更新してください。

全エージェントが応対できない場合(既に通話中など)に限り、発信者は保留キューに転送されます。全エージェントが勤務外の場合(営業時間外など)、着信処理 の設定に基づいてルーティングされます。

発信者側では保留音が再生されます。設定により、ボイスメールを残すオプションも設定できます。

コールセンターについて詳細は FAQもご参照ください。