Zendesk と Dialpad 連携

Zendesk 連携は、現在Pro および Enterprise プランのみご利用いただけます。エージェントがZendesk Talk Partner Editionを利用している必要があります。

Zendesk + Dialpad連携では、エージェントは次を実行できます:

  • Zendesk UIから直接Dialpad通話を発着信
  • Zendeskにて新規チケットとして通話が自動的に記録
  • Dialpadのカスタマーを既存Zendeskレコード接続
  • Dialpadアプリから新規サポートチケットを直接作成
  • Dialpadアプリから未解決チケットと解決済チケットの閲覧

Zendesk連携について詳しくご紹介します。

Dialpad アプリをZendesk UIでインストール

Zendesk 連携を追加するには、まずZendeskアプリ ストアからDialpadアプリをインストールします。

Screen_Shot_2018-01-17_at_1.22.44_PM.png

インストール完了後、Dialpad管理者ポータルに遷移しますので、設定を完了し連携を有効にします。

Zendesk 連携を有効化 (単一オフィスの場合)

Zendesk 連携を単独のオフィスに追加するには次の手順を実行します:

  1. [管理者設定] > [オフィス] > [インテグレーション]を開きます
  2. [Zendesk]の右方向の[オプション]ドロップダウンメニューから[有効にする]を選択します

[Zendeskを設定]画面が表示されますので[保存]を押下します。

Zendesk 連携を有効化 (複数オフィスの場合)

カンパニーに複数オフィスが混在する場合、Zendesk連携を追加するには、次の手順を参照します:

  1. [管理者設定] > [カンパニー設定] > インテグレーション
  2. [Zendesk]の右方向の[オプション]ドロップダウンメニューから[有効にする]を選択します

[Zendeskを設定]画面が表示されますので[保存]を押下します。

カンパニーに対して連携を有効にした後、どのオフィスに対して有効にするかを選択します。ドロップダウンメニューから、[アクセスを編集]を選択します。

Screen_Shot_2017-12-19_at_11.14.27_AM.png

ユーザーに対してZendeskを有効化

特定もしくは複数オフィスに対して連携を追加後、どのユーザーにアクセスを許可するのか次の手順で選択します。:

  1. [管理者設定] > [オフィス] > [インテグレーション] を開きます
  2. [Zendesk]の横の[アクセスを編集]を選択します

Screen_Shot_2017-12-19_at_11.17.59_AM.png

有効後、Zendesk 連携がコンタクトのサイドバーに表示されます。

自動通話ログを有効化

通話を着信中に自動的にチケットを作成するには、自動通話ログを有効にします。代表番号、オフィス代表番号、グループ、コールセンターで通話ログを有効にできます。

特定のグループ(代表番号、コールセンターなど)の[詳細設定]を開きます。

__________2018-03-20_16.58.22.png

ボイスメールと通話録音のログ

自動通話ログが有効な場合、全ボイスメールおよび録音された通話がチケットと自動的に紐付きますのでエージェントは全てのカスタマー情報を一箇所で確認できます。

Screen_Shot_2018-01-26_at_2.32.03_PM.png