Dialpad + Zendesk 連携

Zendesk連携は、Pro と Enterprise プランでご利用いただけます。またエージェントは、Zendesk Talk Partner Editionをご利用であることが必須です。

Zendeskはカスタマーサービスのソフトウェアで、カスタマーごとにチケットを作成、トラッキング、クローズできるツールです。DialpadとZendeskの連携により、社内と社外のコミュニケーションを一つのプラットフォームにて実現できます。

連携の接続

Zendesk と Dialpadのどちらがわからでも連携できます。まずDialpadアプリから連携を接続する方法をご案内します。

DialpadアプリでZendeskを接続

コンタクトの右サイドバーを開きZendeskを表示させます (他の連携、 Salesforce や G Suite や Office 365 と同じように実施します)。

Zendeskのドメインを入力し、Zendeskのログイン用パスワードなど入力する必要があります。

Screen_Shot_2017-08-17_at_10.21.02_AM.png

ZendeskからDialpadを接続

必ず、Zendesk アプリストアから管理者がDialpadを追加後に作業を開始します。

エージェントは、Dialpadのロゴをクリックするとログイン画面が表示されます。G SuiteやOffice 365、もしくは、メールアドレスとDialpad専用のパスワードでログインします。

Dialpadでカスタマーレコードをマッチ

連携が完了後、DialpadがZendeskに検索をかけて既存のZendeskユーザーとDialpadコンタクトをマッチさせます。既存のレコードがない場合、新規レコードをDialpadの情報に基づいて作成できます。

複数と該当する場合、正しいものを選択して同期させます。

Dialpadでチケットを作成

Zendeskを開かずにサポートチケットを作成できます。[新規チケットを作成する]をクリックし、[ブランド][優先順位][件名][可視性][コメント]を選択/入力します。

チケットが作成されると[未解決チケット]に表示されます。その下に[すべてのチケット]が表示されます。クリックするとZendeskポータルが開きます。

Screen_Shot_2017-08-17_at_12.22.44_PM.png 

Tips: Zendesk for Dialpad はAndroidデバイスでサポートされています。

Zendeskで着信、チケットを作成

エージェントに着信すると、Dialpadウィジェットが自動的に開き応答オプションが表示されます。 

さらに自動的に新規チケットページが開きますので、エージェントが通話のログやメモを残せます。

Zendeskで発信

発信する場合、Zendeskでチケットを開いてDialpadウィジェットを開くと発信ボタンが表示されます。 

 

発信前に、発信者番号を選択できます。

Screen_Shot_2018-02-28_at_10.15.33_AM.png

Dialpadウィジェットにもアプリ設定があり、デスクトップアプリのように次の設定ができます。:

  • プロフィール設定
  • 発信者番号の選択
  • プライバシーモード
  • Call screen/search 
  • ウィジェット設定 (グループとコールセンターのプライバシーモード)