Salesforce Classic 連携

Salesforce Classic連携機能はオプションとなります。ProまたはEnterpriseをご契約の場合ご利用いただけます(日本未対応)。

利用をする前には、管理者により自分のアカウントに対して機能を有効にする必要があります。機能が有効化されるとSalesforce内のすべての電話番号でクリックトゥーコール機能が利用可能になります。

電話をかける

Salesforce内で電話を書ける場合、以下のページ内の電話番号をクリックします:

  • リード
  • アカウント
  • 商談
  • 連絡先
  • ケース

 

クリックするとDialpadアプリ(ネイティブもしくはChrome)が起動され、クリックされた番号で通話できるようになります。番号が正しければ[電話をかける]をクリックします。

Dialpadから電話をかけることにより、Dialpadの通話中のオプション、[転送]、[保留]、[通話の録音]を利用することができます。

通話を終了すると、通話記録が自動的に関連するSalesforceの情報に追記されます。

最近の活動サイドバー

Salesforce Classic連携が有効になると、チームが確認できるように[最近の活動]サイドバーが自動的にSalesforceスクリーンに表示されます。

Dialpadの最近の活動のサイドバーに類似したもので、直近でやりとりした全リードや取引先が表示されます。サイドバーで:

  • [虫眼鏡]をクリックして、Salesforceの記録(リード、取引先など)を検索できます
  • [矢印]をクリックして、最近の通話のメモを閲覧できます
  • [取引先やリードの名前]をクリックして、詳細を閲覧できます
  • [電話番号]をクリックして、新規通話を開始できます

Classic と Salesforceとの連携

既にSalesforceとの連携(もしくはChrome拡張機能)と本機能との主な違いは以下の通り:

サポートブラウザ 

Salesforce Classic 連携はすべてのブラウザ(Safari、Chrome、Firefox)で利用可能です。Chrome拡張機能はChromeのみのサポートです。

情報との関連付け

本機能はSalesforce内のリード、取引先、商談から直接利用するため、自動的に通話記録が情報と関連付けられます。 

Salesforceとの連携のでは複数の関連する情報があった場合、どの情報と関連付けるかを自身で選択することが必要です。

メモを残す

本機能では通話記録とともにメモを残すことができません。 

Salesforceにメモを残す場合、管理者に連絡しSalesforceとの連携機能を有効化してもらってください。

Salesforce Classic連携では、次のいずれかを実施する必要があります:

  • Chrome拡張機能を無効化する
  • 拡張機能にて[Website Exceptions]にサイトのURLにsalesforce.comを追加する

Chrome拡張機能がSalesforce Classic連携の機能を妨げないようにいずれかを選択してください。

Salesforce Classic連携について詳細は、FAQもご参照ください。