通話中のコール操作
  • 20 Dec 2023
  • 1 分 読み終える時間
  • ダーク
    通常
  • PDF

通話中のコール操作

  • ダーク
    通常
  • PDF

Article Summary

ビジネスコミュニケーションには、現在もツールとして電話は重要です。

Dialpad のピュアクラウド型のビジネスフォンシステム により、通話着信、コンタクトセンター担当者、またDialpad内部外部へのコミュいケーションなどスムーズな通話エクスペリエンスを実現する、幅広いツールや機能を搭載しています。

以下、基本的な操作手順をご案内します。

ミュート

通話中に [ミュート] ボタンをクリックします。ミュートにより、自身のマイク音声がオフになり相手には聞こえなくなります。相手の音声は引き続き聞こえます。

ミュートを解除するには、同じボタンで [ミュートを解除] をクリックします。自身のマイク音声がオンになり、相手に聞こえるようになります。

モバイルアプリのコール操作については、iOSAndroid アプリの操作手順をご参照ください。

保留

通話中、[保留] ボタンをクリックします。通話は、自身、相手ともに保留され、相手に保留音が再生されます。保留音は、管理者メニュー > [オフィス] > [代表番号]の 保留音で変えることができます。


保留を解除するには、同じボタン、あるいは画面左上から [再開] をクリックします。相手との会話を再開できます。

モバイルアプリのコール操作については、iOSAndroid アプリの操作手順をご参照ください。

通話者を追加(三者通話)

Dialpad では通話中に3人目を追加することができます。

  1. [ゲストを追加] をクリック
  2. 追加する通話者を検索
  3. [確定] で追加を完了

追加した連絡先が通話に出たら完了をクリックすると三者通話が始まります。もし追加連絡先が電話に出ない場合、[キャンセル] を押すと追加を中断します。

三者が接続するとアプリ画面左上に通話中の相手が表示されます。通常の通話と同様、 保留、ミュート、あるいは転送が可能です。

モバイルアプリのコール操作については、iOSAndroid アプリの操作手順をご参照ください。

通話中のスクリーンシェア

Dialpad ユーザーはコール通話中にスクリーンシェアをすることができ、別の会議やカンファレンスコールなどを別に設定することなしに、事象解決やプロジェクトのコラボレーション、また手順説明などをリモートで効率的に行うことができます。

手順:

  1. 通話中に、[その他] > [画面共有] をクリック
  2. 複数のモニターを使用している場合には、共有するモニターを選択
  3. [共有] をクリック

共有先の相手はスクリーンシェアへのリンクを受信し、これを開くことで発信者のスクリーンがリアルタイムで共有されます。 

スクリーンシェアを停止するには、ダイアルパッド画面下方の[Stop Sharing]ボタン、あるいは画面左上より[停止]ボタンをクリックします。なお、通話が終了すると、スクリーンシェアも自動で停止します。

Note:
スクリーンシェアは、チャット、あるいはコンタクトセンター、グループコール中にも起動することが可能です。

キーパッドの利用 

発信時に応答メッセージに答える場合にも利用します。

手順:

  1. [キーパッド] をクリック
  2. 表示しているスクリーンのサイズ制限で表示されない場合、[その他] > [キーパッドを開く] を選択

パーク保留

パーク保留では、通話をオフィス代表番号へ送り、対応可能ユーザーがピックアップするまで待ち呼にします。Pro、および Enterprise プランでご提供しています。

手順:

  1. 通話中に、[その他] を選択
  2. [通話を代表番号にパーク保留] を選択




この記事は役に立ちましたか?